2008/08/31

自転車は何処を走るべきか、ヘルメットを何時かぶるべきか自己基準記録


月ー日曜の結果
 走行距離 30km
 走行時間 90min
 平均心拍数 130回/min
 消費カロリー 900kcal
 食後体重 69.3kg
 体脂肪 *%
 ウエスト *cm

 ひたすら雨、死者が出るほど豪雨。乗れず。つまらないことをいろいろ考える。
 ここしばらくは隔日で短時間ローラー台。しかし多分足りず。贅肉が増えてきた気がする。
 半分眠りながら、自転車乗りとして意思表明しておくべき事項を記録。

自転車は何処を走るべきか自己基準記録
1 法令どおり車道が基本 
2 車道が危険で歩道に歩道自転車通行可の標識があれば、20km/h以下でゆっくりと歩道。
3 車道が危険で歩道が広く歩行者がいなければ、20km/h以下でゆっくりと歩道。 
4 車道が危険で歩道が狭いもしくは歩行者がいれば、自転車を降りて歩道を通行。

 基本的には法令を守り、次に、自動車・自転車・歩行者すべてが安全な方法を選択する。
 車道左寄,白線から30cm内側が,左方飛び出し自動車を避け,自動車の無理な追い越しを防ぐことの出来る最適な位置と思われる。もちろん後ろが詰まったら一時停止してでも先に行かせるようにする


ヘルメットを何時かぶるべきか自己基準記録
1 ピナレロFP2では常にかぶる。
2 BSモールトンでは20km以上走行し、車道でスピードを25km/h以上出す際はかぶる。
3 ビンディングペダル使う際はかぶる。
4 他はかぶらず。

 常にかぶったほうが安全なのは解る。とはいえ、歩いているときにヘルメットかぶる人はいない。かぶったほうが安全だけどね。結局、どこまでヘルメットかぶるかの線引きは、法制化されていない以上、個人の感覚に任せられてしかるべき。
 そもそも、下りで80km/h出したとか言っている人間が、ヘルメットかぶれと人に「押し付ける」のは納得いかず。スピード違反(道路標示以上のスピードを出すのは自転車でも違法です)という違法行為をした上で、法制化していない事項に「押し付ける」。そりゃ自分勝手ってもんでしょ。下りで危ないって言うなら、まずスピード出すの止めなさい。そもそもヘルメットだけで助かるスピードじゃないでしょ。自分?。ええ、違法行為ですね。それを理解したうえで、自分の判断でヘルメットもかぶります。でも人に薦めることはしても、「押し付け」はしません。ここは大きな違い。
 法定化されていない以上(重要!)、起き得る結果を自分や他人の意見から予想し、自分で自分や他人に与えるリスクを理解し、捨拾選択した後どうするかを自分で判断し、起る結果に責任が取れるようにしておく。それが自己責任です。人の意見を鵜呑みにし、従い、人のせいにするんじゃなくてね。責任を取るってことは、一番安全な方法をとった上で人のせいにする言い訳ではありません。責任を取るってことは、リスクを把握した上で、時には危険なことであっても、自分で選択判断することです。事後責任を人に押し付ける人が多くいるが、それって生きてて楽しいのかね?
 それよりも、メーカーさん。自転車ウェアに落車時怪我防止用のケプラー繊維でも編みこんでくれんかね。自分そっちのほうがリスク的に重要なのだが。
 

2008/08/25

ペダリング矯正機

日曜の結果
 走行距離 23km
 走行時間 72min
 平均心拍数 120回/min
 消費カロリー 600kcal
 食後体重 69.5kg
 体脂肪 *%
 ウエスト *cm

昼まで雨。気合抜けたので、BSモールトンでポタ。
 図書館と西尾の自転車屋へ出かける。
 専用ウェアすべて洗濯中なので、素肌にシャツ。汗で濡れて気持ち悪いし、なかなか乾かない。専用ウェアの偉大さを再認識。洗濯後で濡れてても専用ウェア着ていけば良かった。
 BSモールトン気持ちよし。フラットライド、裁ちばさみ感覚。タイヤの空気さえきちんと入れれば、布を切るように進んでゆく。やはり逆風にも強い。楽ちん。
 軽いギアで回転数を上げる。適当にペダルを廻すとリアの柔らかいゴムブッシュの影響で上下に自転車が跳ねるのだが、接線方向の回転に気をつけペダルを廻すと、ケイデンス140回転でも跳ねてこない。やはりBSモールトンはペダリング矯正機として優秀と思われる。
 過去と同じことしか書けないな。でも、評価同じってことは、それが正しいってことだ。

2008/08/23

雨天 過去過ちと成長


土-土曜の結果
 走行距離 5km
 走行時間 10min
 平均心拍数 170回/min
 消費カロリー 100kcal
 食後体重 69.8kg
 体脂肪 *%
 ウエスト *cm

 雨天。自転車乗れず。過去の記録確認。7月から週1しか乗っていない。体重維持だが、筋力落ちて贅肉増えている気がする。どうも参加するイベントが決まらないとトレーニングに身が入らない。地味な能力向上にはモチベーションが上がらない。怠け者め。人と一緒に練習すればいいのだが、それでは自己研鑽にならんし・・・考えすぎか?
 久しぶりにローラー台。汗がすごいので、短時間で終わらせる。スプリントインターバル3本。1分全力65km/h、回復1分、繰り返し。3本目、全力1分持たず45km/hまで落ちる。空気抵抗のないローラー台でこれでは、だめだめだ。

なんとなく思い出したので過去の過ち記録。

 修了後なので24才のころであったか。京極夏彦を読み、ロードスターを購入する前。飲んで賭けをし負けた。罰ゲームは「白骨温泉へ行って土産買ってくること」。
 冬12月末。現地は予報は晴れ。若気の至りで、スクーターで出かける。
 朝6時から。248号線で多治見まで。19号線をたどり190km、長野松本方面へ。電光掲示板に0℃。無視しそのまま走り続ける。途中、凍死寸前。死を身近に感じた初めてのときだったかもしれない。暖炉のある小さなステーキ屋、エルミール?で休憩。暖炉前であったまる。こんな冬に2輪なんてどんな馬鹿だ?と、店長さんは思ったことであろう。見かねたのか、暖かい飲み物サービスしてもらいました。再出発。このあたりから道に雪が積もっていた。やばし。しかしB型の天邪鬼な頑固さでそのまま進む。まさに若気の至り。日が落ちてから、長野県松本へ到着。目に付いたビジネスホテル一泊。
 次の朝、松本城を見てから、当然のように半分凍結した野麦峠へ。スクーターで登る。白骨温泉へ行く横道の前でさすがに凍結路を登れなくなり断念。途中の温泉に入り、まったり。このときの極楽な感覚は、今でも忘れられない・・・。土産を買い引き上げた。できれば野麦峠通り過ぎ、飛騨高山、郡上八幡経由で帰りたかった。無念。
 賭けをした相手に証拠を見せる。「・・・おまえ、馬鹿だな」。今思えばそのとおり。道路状況の下調べぐらいしろっての。まあ、調べてもそのまま行ったと思うけど。東海地方で雪道走るスクーターなんて、周りの車にもえらい迷惑だったろう。
 それからは老成し、平穏な生活を送っている。

 ・・・と思っていたのだが・・・過去のブログ確認すると、2月ごろ雪道自転車で落車流血しているし、真夏に自転車で長距離走して何度も熱中症やハンガーノックになっている。その前にはロードスターでレース中何度も事故ってるし・・・何歳になっても馬鹿は変わらんな。

2008/08/16

水源公園-奥三河湖-茶臼山入口長距離ポタ 夏場における体の冷却 オリンピック


木ー金曜の結果
 走行距離 185km
 走行時間 455min
 平均心拍数 152回/min
 消費カロリー 6538kcal
 食後体重 69.0kg
 体脂肪 *%
 ウエスト *cm

水源公園-奥三河湖-茶臼山入口長距離ポタ。
 ダイエット、茶臼山下見、補給確認目的。
 朝7時から出かける。4時間以内に茶臼山までどれだけ近づけるか確かめる。
 行き25km/h、心拍120以下巡航。低い。寝起きは心拍あがりにくい。なぜかはわからんが。ソイジョイ2本300kcal補給。
 小渡のコンビニでおにぎり1つ200kcal補給。水1l、ソイジョイ2本、ビーフジャーキー購入。
 前回茶臼山を目指したのと同じルート、長野経由ルートをたどり移動。2回目はやはり近く感じる。無重量状態で足を回し移動。登りが楽。2日前の通勤で筋力回復したのか。途中コカコーラ350ml補給。長野県へ。
 長野県根羽村。ゼリー200kcal補給。ソイジョイ1本100kcal補給。茶臼山登り直前、10%の坂手前で4時間となる。タイムオーバー。後10kmで茶臼山頂上であった。1時間ぐらいか。写真だけとって帰宅路へ。
 標高770m。このあたりまで登るとかなり涼しい。もったいないので、月瀬の大杉など見学しながら、ゆっくりと降りる。途中、矢作川に降り水浴び。気持ちよし。昼、蕎麦屋で食事。大盛りざるそば食す。多分1000kcal。水1l購入。小渡コンビニで水1l購入。
 帰宅途中アクエリアス100kcak、500ml補給、お茶500ml、塩飴2つ補給。
 腹が張る。トイレに行きたいわけではないので膀胱ではない、かつ、固形物補給の感覚からすると胃でもない。腹の張りは腸に水がたまっているためかと予想。現在の胃腸能力では、水飲むペース速すぎ?。後半水補給せず腹の張りがどうなるか確認。少しずつへこんでくる。飲むペース速すぎだったのだろう。鍛えれば水分吸収速度も速くなってくるのであろうか。それとも飲料水をハイポトニックに調整しないとだめか?。いままでは吸収速度の速い飲料の存在意義がわからなかったが、ようやくわかった気がする。
 購入した水のうち、3割程度は体にかけ、冷却水とした。水吸収速度に限界があるってことは、吸収速度より速く多く汗を出すと、発汗が止まり、熱を発散できなくなり、結果として熱中症となってしまうはずである。大汗をかく夏場は、体の直接冷却必須かも。
 帰宅。補給成功。2100kcal/7.5h、3~5l/7.5h。力を残した状態で185km走行可能となった。



 風呂、プロテイン補給、オリンピック観戦。
感想。
1 プロテイン
 1ヶ月ほど前からウイダーのリカバリーアップ使用。これ、目安の3倍以上とらなければリカバリーには向かない。ザバスのウエイトダウン+適当な炭水化物のほうが補給しやすい。味は良く飲みやすいだけに残念。
2 オリンピック
 民放のオリンピック番組は、何でわざわざつまらなく改悪しているんだろう?。スポーツは演出せずそのまま観戦させるのが最良。変に意味を付け加えないで、起こった事実の解釈は観客に任せてくれないかな。
 もう一点。なぜ民放では日本人選手「しか」放送しない?。オリンピックには、自国応援と、もうひとつ、すばらしい技術を観戦することができる点=スポーツの昂進に意義がある。せめて、金、銀、銅の外国人選手の活躍も放送してくれんかね。
 オリンピック観戦は、余計なコメントがない、日本人偏向が多少少ないNHKとBSに限る。あ、松岡修造がコメンテーターなら民放でも見る。元選手で機微わかってるし、選手に対するよりも優れた技術に対するコメントが多く、かつコメント熱いっすからね。

2008/08/13

自転車通勤2日目

日-水曜の結果
 走行距離 46km
 走行時間 180min
 平均心拍数 130回/min
 消費カロリー 1800kcal
 食後体重 69.4kg
 体脂肪 *%
 ウエスト *cm

BSモールトンで自転車通勤2日目。
 1号線車道を走る。盆でトラックが少なく、安全に走行できた。しかし、排気ガス臭い。毎日通勤で使用するには苦しすぎる。一本奥の側道は交差点ごとに一時停止し車確認しないと危なく、走りにくいし、どこかにいいルートないものか。
 

2008/08/09

水源公園-小渡コンビニ100kmTTポタ


土曜の結果
 走行距離 108km
 走行時間 246min
 平均心拍数 154回/min
 消費カロリー 4038kcal
 食後体重 70.0kg
 体脂肪 *%
 ウエスト *cm

水源公園-小渡コンビニ100kmTTポタ。
 TT目的。
 朝7時から出かける。午後から雨予報なので、短距離、高速移動とした。
 自宅から水源公園まで心拍140以下ウォームアップ、水源公園から小渡コンビニ往復を心拍無視・低筋力負荷で回してTT、水源公園から自宅は心拍150以下クールダウンとした。
 結果、平均時速26.4km/h、帰宅後余裕充分。約70kmを心拍170程度、平地巡航30~45km/hで駆け抜けた(はず)。しかし、平均時速はいつもの心拍150縛りのときより1~2km/h速いだけ。平均心拍もあまり変化していない。ってことは、ウォームアップとクールダウンで下げ過ぎってことか?。それともどこかでめげているのか?。平均時速向上は難しい。ツール個人TTでよく見る平均時速50km/h以上って尋常じゃない。
 本日のウェアは上:カステリ、下:ハーフパンツ(寄り道用。レーパンで普通の店入る根性無いっす)。外気の湿度が高い為か、ウェアの性能が悪い為か、ちっともウェアについた汗が乾かない=涼しくもならない。もしかして、カステリいまいちか?。ナニーニや、Beachのチームジャージはよく冷えていたのだが。
 帰宅途中。濡れて気持ち悪いなー、膝裏あせも気味だしーなどと感じながら回し。ふと右ひざを見ると、茶色い錆が。あれ、どこかでブツケタかなと思い再確認。動く。
 け、け、け、kkk毛虫だ~~~大パニック!!!!!!!!!!!1

2008/08/08

ミラクルトレーニング 7週間完璧プログラム ランス・アームストロング

日-金曜の結果
 走行距離 0km
 走行時間 0min
 平均心拍数 0回/min
 消費カロリー 0kcal
 食後体重 69.5kg
 体脂肪 *%
 ウエスト *cm

ミラクルトレーニング 7週間完璧プログラム ランス・アームストロング クリス・カーマイケル共著 未知谷出版。
 ランスはパンターニの敵というイメージがあったので、あまり参考とすることはなかったが、目に付いたので借りて読んでみた。なかなか面白い。バイブルとするに充分といえよう。
 ただ、ランスが書いた部分は、ほとんどないぞ?

水源公園-奥矢作湖-明智大正村ポタ


土曜の結果
 走行距離 133km
 走行時間 328min
 平均心拍数 151回/min
 消費カロリー 4638kcal
 食後体重 70.0kg
 体脂肪 *%
 ウエスト *cm

水源公園-奥矢作湖-明智大正村ポタ。
 ダイエット目的。
 朝7時から出かける。小渡のコンビニで補給食購入、補給。本日は行ったことの無い明智の大正村へ。ひたすら昇り、何もない道と聞いている。
 大正村への坂。心拍160以下でゆっくり登り。淡々。・・・んー、緩い。楽ショー。・・・あれ、次第にギアが下がってゆく。どう見ても5%以下の傾斜なのだが・・・。最終的に、34-25。何故?。
 呼吸はまったく乱れず。と、いうことは・・・あまりにトレーニング不足で、とうとう筋力が足りなくなってしまったのか??。

 さっといってさっと帰る。家前でスプリント可能なほど疲れは無い。完璧だ。
 後半スピードを落とさない、だれない様にするポイントは、
 1 パワーをかけすぎない
 2 疲れてきたときこそ正しいフォームでペダリング
 3 しっかりと補給(食事、水、塩分)
(追記
 4 日焼け防止にアームガード


 家周り。金曜から日曜まで、安城七夕祭り。安城駅前の商店街部分はすべて歩行者に開放。屋台と人ごみで見通しもきかず。自転車を降り人を掻き分け帰宅。なんちゅうところに家があるのか。帰宅後は岡崎花火大会へ。

過去3年+今年の健診結果

日ー金曜の結果
 走行距離 0km
 走行時間 0min
 平均心拍数 0回/min
 消費カロリー 0kcal
 食後体重 70.0kg
 体脂肪 *%
 ウエスト *cm

 今年の健診結果。LDLコレステロールのみ標準以下。その他は標準数値内であった。体調は気管支炎気味。呼吸すると痛い。この原因は?。
 一案あり。トレーニングを始めてから。体中に血管が浮いてきている。血管新生によるものもあるだろう。肺胞にも新生された血管があるのではないか。新生された血管は、コレステロールが少なく、骨格が緩く、すぐ破れ出血しやすい。気管支炎はこのせいか?。

3年前からの記録比較。

体重       81.8→84.2→80.3→70.2 kg 
最高血圧     114 →124 →125 →113 
最低血圧     68 →60 →67 →62 
総コレステロール 175 →206 →161 →168 mg/dl 
HDL        62.5→67.8→56.0→73.2 mg/dl
LDL        55.5→63.2→31.0→52.9 mg/dl 
中性脂肪     57 →76 →74 →42 mg/dl 
γ-GT       59 →35 →21 →13 U/l
AST        27 →36 →20 →23 U/l
ALT        55H →73H →24 →28 U/l
白血球数     3600→4800→4700→5700 /mm^3
赤血球数     493 →472 →483 →420 ×10^4/mm^3
ヘモグロビン   14.7→14.3→14.6→13.1 g/dl
ヘマトクリット  45.8→43.1→44.1→39.3 % 
血小板      26.4→23.5→28.9→17.4 ×10^4/mm^3

 おや?赤血球数とヘマトクリット、ヘモグロビンが減少しているぞ?。これははっきりと貧血をあらわしているが、自覚症状なし。・・・溢水のせいかも。他に思い当たる原因は、造血障害ならビタミンB12・鉄・葉酸・エリスロポリチン不足、出血や破壊なら紫外線障害・気管支炎?ってとこか。
 白血球数は増加。ってことは溢水ではないな。
 まとめると、何かに感染している可能性が疑われる。・・・やはり気管支炎のせいか?。もっと値が高かったら、マラリヤ疑うとこだ。

 内科検診では、心音にノイズがあるって言われた。たぶん良性でしょうとのこと。「たぶん」って・・・。