2009/05/03

水源公園-301号ヒルクライム-420号ダウンヒル-香嵐渓ポタ 回復走 Pro3Race2ndインプレッション


木-日曜の結果
 走行距離 -2+104+32+35km
 走行時間 -2+146+120+86min
 平均心拍数 -140+162+142+132回/min
 消費カロリー -200+4088+1123+1029kcal
 食後体重 69.4kg
 体脂肪 *%
 ウエスト *cm

金曜:
 ラン。
 
土曜:
 水源公園-301号ヒルクライム-420号ダウンヒル-香嵐渓ポタ。
 301号タイム計測,100km越えを目的とする。
 
 出発前。
 暖かし。夏ウェアで出発。マッサージ無し。

 出発。
 9時。そこそこ強風。
 出発してすぐ気付く。足が重い。
 心拍も異常に上昇。まったk走れない。日曜,水曜のインターバルの疲労が残っているのだろうか?。仕事疲れか。
 インターバルは,やるたびに遅くなっている。長距離走った後で無いとインターバル意味無いのかも。去年はインターバル後の能力上昇に驚いたものだが,やり方わからなくなってしまった。

 もう歳だ。疲労抜きの方法を積極的に考えないといけないかもしれない。
 「年寄りは,積極的に回復走しなければ,超回復を期待できない」,と,聞いたこともある。
 日曜は回復走としよう。


 水源公園まで。
 平地でもきつい。だが,この疲労感は根性錬にぴったり。
 全行程心拍170維持としてみる。

 水源公園東ヒルクライム3分20秒。
 変わらんな。

 301号ヒルクライム6.8kmを21分。
 心拍無視。うーん,遅くは無い。感覚的にはこんなに絶不調なのに。
 咳き込む。胸が痛い。息を深く吸い込むと胸が痛み,咳に血の匂いが混じる。乾燥させて切れたか?。去年トレーニング後はこんな感じだった気もする。もう忘れた。
 補給無し,無休憩で狐塚へ。狐塚で朝飯。

 420号へ向かうヒルクライム。
 38-27が重い。重すぎる。いったん体力落とすと,O,Symetricのインナー38Tは回せなくなる。
 去年より弱くなっている気がする。ヒルクライムのタイムは悪くないのだが。
 ダンシングははっきり下手になった。ダンシングで休むって,どうやってたんだ?。

 420号ダウンヒル。
 50-11を回して全力で高速下降。最高速**km/h。記録更新。このあたりの速度までくると,風圧ほんと凄い。頭上げるか下げるかで5km/hほどすぐ変わる。
 不調のときはダウンヒルに限る。癒される。あーすっきりした。
 しかし,Pro3Raceにヒヤリとさせられる。
 全速で下っている途中,フロントロックしやがった。しかも,簡単に。

 michelin Pro3 Raceセカンドインプレッション。
 continental grand prix 4000Sとの比較。
1 走行感?。
 変わらない。 
2 表面がべたつく。
 埃を表面に拾う。
3 やわらかい。
 良いことばかりではない。振動吸収性が高く良好と思っていたが・・・跳ね易い。
 トランポリンみたい?。常に体がシェイクされる。段差1個で3回細かく跳ねる感じ。FP2には余りあっていないってことか?。空気圧設定が適切でないか?。
 なんというか・・・安カーボンの感触と似ている。4000Sのほうがガツンと一度で衝撃を吸収してくれ,感触が良かった。
4 グリップ×。
 評判と違い,グリップしない。
 表面に埃がつき,スリップしてしまうのだ!!。
 すぐにタイヤロックし,減速Gが出ない。砂地でブレーキかけているのと大して変わらない。
 4000Sではロックしても減速Gはちゃんと発生した。タイヤにはゴムを削るようにフラットスポットができた。
 Pro3Raceは滑るのでフラットスポットはできない。
 ・・・ゆっくり減速Gをかけてゆけばよいのだが,パニックブレーキ時は前後ロックし転倒する予感がする。
 皮むきが終わってくれば改善されるのだろうか?。
5 減りやすい?。
 もうすでに減り始めている。寿命2000kmって本気か?。この程度の性能で?
6 タイヤ装着しにくい。
 4000Sのほうがタイヤ装着し易かった。

 うーん,あまり気に入らないな,これ。


 香嵐渓。
 蕎麦屋発見。食す。
 疲労きつし。意地で高速移動。

 帰宅。
 背筋が痛い!!。激しい疲労。たった100km,平均時速25.5km/h程度なのに。
 ほんとに情けない。去年より明らかに遅い。持久力も技術もまるで無くなっている。ああ・・・,乗った距離は裏切らないとはよく言ったものだ。
 補給は食事2回のみ。カロリー的には充分とっているはず。遅い原因がハンガーノックってことは無いだろう。
 補給し一休み。 30km程度平地回復走。回復・・・していない気がする。
 軽くマッサージ。

回復心拍数
1 アップ20分+巡航+インターバル1回後
 (150-117)/10=3.2  :低い・・・
1 水源公園東ヒルクライム後
 (150-129)/10=2.1  :低い・・・ 
1 301号ヒルクライム後
 (150-140)/10=1.0  :おいおい
1 420号前ヒルクライム後
 (150-144)/10=0.6  :限界だよこれ!
2 ダウン前
 (150-138)/10=1.2  
3 ダウン後(心拍125までダウン後一時的に150まで上げた)
 (150-111)/10=3.9

ひどいもんだ。


日曜:
 回復走。
 平地回復走。自由に,行ったこと無い道へ。
 心拍150程度とするつもりであった。しかし,足の疲労がきつく,心拍は140程度がせいぜい。ほぼ50-24。回すこともできない。
 また肺が痛い。ひどいもんだ・。
 
 昼からロードスターでオープン走行。
 初夏はこっちのほうが気持ちよし。
 ふと,自転車と自動車における,感覚の違いについて考える。
 ・ロードスターではとばすほど頭が冴える。周りはスローモーションのように感じる。
 ・自転車では頭は,・・・平均化する?。考え事はできるが,頭空に近い。
 空手でたとえると,ロードスターは試合中,自転車は正座中って感じか?。
 
 回復心拍数は記録していないが,多少回復した感じ。