2009/06/15

第六回Mt.富士ヒルクライム 2009 反省と出力計算


月-日曜の結果
 走行距離 50+100km
 走行時間 131+220min
 平均心拍数 ----回/min
 消費カロリー ----kcal
 食後体重 68.0kg
 体脂肪 *%
 ウエスト *cm

土曜:
Mt.富士ヒルクライム反省。
 301号ヒルクライムタイムを確認する。
 
 出発前。
 快晴。暑。
 
 出発。
 10時。ほぼ無風。
 水源公園まで
 インターバル繰り返し。

 水源公園東ヒルクライム1.4km
 3分20秒。・・・いつもどおりだ

 301号ヒルクライム6.2km
 23分。
 ・・・!!!!えっ?????+4分????
 いや,いくらなんでも低下しすぎだろう。

 考察
 リストアップ
 1 仕事で窶れ体重-2kgと軽くなったから
 2 疲労が抜けたから
 3 ランが好影響
 4 ストレス
 5 気温
 6 レーパン
 7 ピーク

 検討
 1 0% :体重へって,遅くなった。
 2 20% :富士の疲労が残っているのか
 3 0%?:富士後,ランしておらず。
 4 0% :?
 5 10% :暑かったからな・・・
 6 0% :関係ないようだ。
 7 70% :結局はピークか

 Mt.富士前に心配したような,絶不調。
 問題は,富士のとき不調だったかどうかだが・・・・


1出力計算。
 計算式により出力計算(ロードバイクの科学 p130-133)

好調時。
・301号6.2km19分273W可能であった。発揮できるパワーは走行時間1時間当たり-6%となるとして,Mt.富士ヒルクライムに換算すると74分。乗鞍80分。258W。

次が現実。
・Mt.富士93分。換算すると,301号6.2km24分205W,乗鞍102分195W。

 301号6.2kmは,最近悪くとも22分であった。Mt.富士で楽をしたのは確かだが,本日の23分を考えると,限界で走ってもたいした成績は出なかっただろう。残念ながら。

ちなみに
・去年Mt.富士98分。換算すると,301号6.2km26分。184W
去年は大体計算どおり。


2去年と速度差比較。
 5km +8 %
 15km +1 %
 20km +6 %
 24km +11 %
中盤怠けたことがはっきりした。

 自分に負けたことが確認できた。しかも,遅くなっている。乗れてない。
 意気消沈。しばらくはサイクリングでやる気を復活させよう。


回復心拍数
1 アップ20分+巡航後
 (150-118)/10=3.2  
2 301号ヒルクライム後
 (150-144)/10=0.6 
3 ダウン後(心拍125までダウン後一時的に150まで上げた)
 (150-110)/10=4.0




日曜:
回復走。吉良温泉まで往復。平地のみ。

 平均時速27km/hオーバー達成。しかし,いまひとつ面白くない・・・。疲れた・・・

回復心拍数
1 アップ20分+巡航後
 (150-100)/10=5.0  
2 折り返し
 (150-112)/10=3.8 
3 ダウン後(心拍125までダウン後一時的に150まで上げた)
 (150-110)/10=4.0

2009/06/08

第六回Mt.富士ヒルクライム 2009



月-日曜の結果
 走行距離 50km
 走行時間 120min
 平均心拍数 ----回/min
 消費カロリー ----kcal
 食後体重 69.0kg
 体脂肪 *%
 ウエスト *cm

土曜:
Mt.富士ヒルクライム前夜。
 いまひとつ気合入らないまま,Mt.富士ヒルクライムへ。
 6時起床。荷物まとめてロードスターに詰め込み。7時出発。
 高速無休憩で移動。
 11時頃,富士北麓公園到着。

 早過ぎた。設営中だ。
 去年と同じく小雨。
 ぼっと眺めながら受付開始を待つ。

 福島康司さんが,ローラーで講習会開催中。うーん,ええ人や。
 呼吸法の話は参考となった。明日は遅い人と一緒に走るとのこと。会えるかな?

 ブースを回って暇つぶし。
 次第に雨は止み,青空が見えてくる。明日は晴れるだろうか?

 まるいちでポンプ購入,パールイズミでウインドブレーカー購入,パンダーニは欲しかったアームウォーマーが無かったので覘くだけ。
 
 サーヴェロ発見!。S3とR3試乗!。感想。
 ・・・わー,安っぽい軽さだ。意外・・・。気に入らなかった。あんなに憧れだったのに,何も感じない。
 ビンディングも履いていなかったから,まともなインプレではないが・・・意外。

 ウィラースクール見学。微笑ましい。


 本日最大の収穫。POWERCRANKS!!!
 左右のクランクが結合されていないクランク。常に片足ペダリング状態!
 おもしろーい!!!。しかし,BBがホローテックII非対応の上に,11万とお高い。
 いつかは使ってみたい。

 受付後宿へ。
 ルートイン河口湖。窓から富士山。蜘蛛が富士にかかっている。明日はいいことありそうだ。








日曜:

Mt.富士ヒルクライム当日。
 今年の大目標の一つ。自己申告1時間20分、目標1時間30分。ルールは心拍170-180。
 最近ほとんど自転車に乗っていない。どこまで乗れるかね。
 6.2km,5%の坂を19分で登れる。5%余分に時間かかるとしても,24kmで1時間20分。好調であれば可能とは思う。

 4時起床。クッキーで食事。
 今回の駐車場はドギーパーク。こんなに気が無い人間がこんな近くの駐車場借りていいのだろうか。
 5時ごろ到着。渋滞も無く駐車。早過ぎ。30分ほどかけてゆっくり自転車くみ上げ,準備。公園へ向かう。
 5時30分ごろ会場到着。早過ぎ。荷物を早々に預け,ゆっくりマッサージしながらぼt-する。去年とは大違いだ。
 富士山がはっきりと見える,雲無い晴天。前日の雨のおかげで埃が落ちたのか、富士山がえらくきれいにみえる。去年と同じ。よほど強烈な晴れ男,晴れ女がいるらしい。
 
 そのうちに第1組スタート。去年より淡々とした感じ。しかし,アドレナリンが出てくる。心拍が60~120あたりで踊りまくる。
 7時15分スタート。勝手知ったる。ゆくり移動。沿道の「がんばって!」が嬉しい。
 料金所まではパレード走行。去年よりは速いペース。深刻タイム速い集団だからかな。去年より手前に計測位置がある。
 
 記録スタート。
 サイコンリセットしゆっくり走行。3合目から加速する予定。1合目ゆっくり。
 集団についてゆくとちょうどよいペース。少し遅いか?

 2合目あたり。
 背筋疲労。運動不足。ダンシングでマッサージしながら進む。
 どうも集団が遅い。去年とデジャブ。何でやねん。

 心拍頼りに加速しようとダンシング。
 1 ぎゃーーーーーーー,心拍50????心拍計の電池切れや!!
 ・・・しょうがないのう。タイム頼りに加速するか・・・・
 2 ぎゃーーーーーーー,タイムリセットしちまった。
 しくしくしくしく。ペースがわからない・

 自分の感覚と,周りのペースを頼りに移動。去年と違い,1時間20分申告の集団は,1時間20分あたりで走るはずだ。たぶん。

 つらつら。足に負荷かけない,腹筋と背筋でペダルを大きく回す走法。まったく疲労無し。
 呼吸,鼻で吸って,すっすっ,口で吐いて,はー。これを繰り返す。

 3合目。
 ギア38-23あたりで走行。ケイデンス90近く楽チン。

 4合目。
 ・・・あまりに疲労しなさ過ぎか。ペースを上げる。
 とっとと移動。周りを抜かしまくる。おかしい・・・余力ありすぎだ。今心拍いくつだ???タイムいくつだ???
 高速区間で40km/h。たれない。・・・まさか。
 最後の登り・・・息乱れない。・・・まさか・・・

 カメラ意識しゴール。
 ちょっと進んで自転車降り,ほっと一息。息切れ止まる。呼吸回復。

 しまっっっっった~~~。まったく疲労物質が溜まっていない!!!!!
 しくしくしく。今年も全力出せなかった・・・。サイクリングしてどうするんだ。俺は馬鹿か!ばかばか!



 悲しい気持ちで,ライスバーガー食し,メロンパン食い,ソフトクリーム食い,馬を眺め,写真を撮り,写真を撮ってもらい,たっぷり休んだ後,傷心のままダウンヒル。
 傷心のままたっぷり一味をかけた吉田うどんをおいしく頂き,村山さんの表彰式を見た後帰宅。



 帰宅後,http://cycle.powertag.jp にて,恐る恐るタイム確認。

 1時間・・・33分・・・。

 去年タイム1時間38分。
 機材変更によるヒルクライムタイム向上分を差し引くと,
  ZONDA     6.8kmで1分ぐらい向上 = 4分
  O,Symetric  6.8kmで1分ぐらい向上 = 4分
 計,1時間30分。
 機材だけでこれだけは軽く出せたはずなのに・・・



 あまりの悔しさに,当選したまま,参加するかどうか悩んでいた,乗鞍の申し込み支払いを済ます。
 乗鞍でリベンジだ!!完走なんて目指すものか!!今度こそ全力出し尽くしてやる!!!



 後日,区間タイム発表後,反省を行う。