2010/02/13

梅花 誰も知らない 疲労 回復走方法



月-日曜の結果
 走行距離 10+10+10+10+94+50km
 走行時間 30+30+30+30+250+130min
 平均心拍数 ----152-123回/min
 消費カロリー ----kcal
 食後体重 68.8kg
 体脂肪 *%
 ウエスト *cm

土曜:
右踝が痛い。今日は温泉ヤメよう。
岩津天満宮に梅を見にゆく。

寒し。まどろみながら、ツール・ド・フランス2009 1st カンチェラーラの走りを観る。
しゃしゃしゃしゃ。ディスク音。耳に残る。

食事し10時頃出発。
そこそこ強風。暖かし9℃。

アップ時20分、久し振りに、片足ペダリング。左多め。
筋疲労。調子が上がってきた。ペダリングの違和感もなくなった。踝も痛くなくなった。
コリャいいぞ。続けよう。


岩津天満宮。
HPでは5分咲きとのことだったが、見たとこ3分咲き程度か?
紅梅は満開。白梅は1分程度。涼香。咲き始めが一番香るんだな。
参拝して移動。


さて、100km程度、知らない道メインで移動するか。
つらつら…(とりあえずオールアウト。後、山奥ひたすら坂。34-27ケイデンス100メイン。カンチェのディスク音ケイデンス120がまだ耳に残っている。三河湖前喫茶店でサンドイッチ、オレンジジュース、珈琲補給)

帰宅。
うむ、疲労無し。気持ち良し。満足じゃ。



この気持ちよさ。へこたれた先週との違いは何?
1 気温高し
2 ウインドウレーカーを着なかった
3 超回復
 木曜50-11高強度ローラー、金曜休み。200kmブルベ後高トルクケイデンス50-80トレーニング。
4 片足ペダリング
5 心拍調整
 前半高強度山道、後半中強度。
6 オールアウト
7 頻繁な水分補給

2、3、4、6、7かな。



さて、そろそろトレーニングスケジュール立てるか。
上ふまえ、毎日乗り、週200km程度を目指す。

方法:高トルクケイデンス90。2月いっぱいまで。
月 回復ローラー30分以上
火 高強度ローラー30分以上
水 回復ローラー30分以上
木 高強度ローラー30分以上
金 回復ローラー30分以上
土 高強度山道ポタ。アップ時足疲労するまで片足ペダリング。山道でオールアウト。ビタミンCE補給。100km。
日 回復ロング。できるだけフロント34縛り。所用を済ませる。100km。



回復心拍数
1 アップ20分+巡航後
 (150-108)/10=4.2
2 ダウン前
 (150-128)/10=2.2  
3 ダウン後(心拍125までダウン後一時的に150まで上げた)
 (150-122)/10=2.8

あありゃ?ダウン後回復心拍数が低い。
気分的には「疲労無し」であったが、実は「疲労」状態であったようだ。
疲労の感覚も、あまりあてにならんのか。
気持ちよく前半登りで飛ばしたんで、疲労?。

うん、「SL2は150kmで疲労」といわれるが、これはもしかしたら、「気持ちよく高強度で踏めるから、気付かない内に疲労してしまう」、って意味かもしれない。






日曜:

回復走。34縛り。
高心拍数でリフレッシュ。

…の、ハズだが…これで良いのかな?
ケイデンス120、1時間。

うーん。今は高トルクトレーニング中で、遅筋鍛えてる途中。
ケイデンス上げたら速筋が鍛えられてしまう。
たしか、同時に鍛えると打ち消してしまうはず。


今更ながら疑問だが、回復走って、どうするんだ?
高トルクトレーニングするときは、限界以上とならない程度のケイデンスで、適度なギアを選択し、心拍を上げれ、ば、良いのだろうか?
強度を上げて心拍を上げれば筋力使ってしまって超回復しなくなる。高回転で心拍を上げれば打ち消す。宗でなければ低心拍。難しいな。
1 高強度や高回転にするぐらいなら、低強度低回転低心拍。
2 高回転トレーニングをして高回転の限界を高めてから、低強度高回転高心拍。
なんか変だな?


回復心拍数  
3 ダウン後(心拍125までダウン後一時的に150まで上げた)
 (150-98)/10=5.2

回復はしたようだ。と、いっても、アップ後を記録していないので、良くは判らない。