2010/09/19

アイアンマン70.3セントレア常滑ジャパン 2010









日曜:
アイアンマン70.3セントレア常滑ジャパンへ
スイム 1.9km / バイク 90km / ラン 21km

とりあえずメモ。
・5時30分自転車で常滑へ出発。見晴らしの良い丘陵地帯。迷いつつなんとかスタート10分前,7時20分にスタート地点へ到着。
・途中コース内の堤防道路に迷いこんでしまったが,凄いぼこぼこ!。路面悪い。ここTTバイク走れるのか??
・選手観客共に,女の子達が異常にかわいい!!(最初の印象がそれかい)
・素晴らしい環境。アメリカ西海岸のよう,同感
・スイムは砂浜からオープンウォーターへ.バイク,ランはほとんど道路封鎖で周回路はない。珍しいのでは??
・いやすごいわ。速い強い。3種混合ならでは?の迫力を感じる。
・ぼろぼろになり走り続ける,遅い選手に畏敬の念を覚えた。
・変化があるせいか,現地観戦はロードレースより面白いかも。
・補給どうしてるのだろう?
・トライアスロンでなく,より長距離のアイアンマン。の,ハーフ。
・知多の丘陵地帯は木がほとんど無くハイランド地方のよう。ヨーロッパで樹木が少ないのと同じ理由,焼き物,燃料として伐採されてしまったのか?
・知多の丘陵地帯はアップダウン多し。バイク区間は厳しくなる。TTバイクより軽量バイクのほうが有利かも。
・バイクは全員TTバイクかと思いいや,アルミバイク+非ディープホイールの人も多し。
・試合の展開:スイムでバラけ,バイクではさらにバラバラに。それぞれ数分差をつけ選手がばらばらとトラジションエリアへ戻ってくる。ドラフティング集団が形成されない,珍しい?大会となった様子。ハードだ。
・コカコーラは神だ
リサ・スティグマイヤーさんが参加されていた様子。ちらと見たと思う。
・ジェンソン・バトンも参加していた!?。なんだって==~~~

・選手観客ボランティア,かなり雰囲気は良かった。老若男女が観戦できる,これが良いイベントだよね。

・うーん,是非参加したいが,オープンウォーターで泳げるようにならんとトライアスロンはできんよな。スイムがネック。
・トレイルランについて調べ,一度観戦・参加してみよう。ただのランよりトレイルランの方が面白そうだ
・見事なパンダ焼けをしてしまた。
・108km


白戸さんブログ
「アイアンマン70.3セントレア常滑Japan」東海TV 9月27日 深夜放送予定。」とのこと(追記24:50~25:45)
maidotaro
「セイノーホールディングス田口社長のトライアスロンライフ。ちなみにセントレア常滑のIM70.3にも出場されていました。 http://ow.ly/2TNLK
「裏事情が分かればさらに来年は楽しめます!RT @halukeey: Ironman70.3常滑大会の裏側の大変さ、参加者として納得すること多々あり、よくよくわかりました。改めまして素晴らしい RT @maidotaro アイアンマンの裏側…→ http://ow.ly/2X8lA
 大変な大会だったんだな


Risaさんブログ
「Ironman 70.3  セントレア常滑ジャパン」

nishiuchiさんブログ
「ハーフアイアンマン常滑大会3位」

naohawaii
「なぜ経営者は泳ぎ、漕ぎ、走るのか:日経ビジネスオンライン http://ow.ly/2TNdL


常滑トライアスロン「経済効果3億円」なり


追記
 バイク平均時速
 アマチュア:30km/h+
 プロ:40km/h+
速いわ

triathlon_trip購読開始


All Pro Athletes

ATHLETE RANK AGE/DIV SWIM BIKE RUN TOTAL
1 BROWN, CAMERON 6/1/1 38/MALE PRO 00:25:28 02:23:37 01:20:35 04:12:00
2 CRONEBORG, FREDRIK 8/5/2 30/MALE PRO 00:27:40 02:27:56 01:20:09 04:18:36
3 NISHIUCHI, HIROYUKI 1/7/3 35/MALE PRO 00:23:37 02:33:01 01:21:15 04:20:26
4 TAKAHAMA, KUNIAKI 3/10/4 31/MALE PRO 00:24:27 02:36:39 01:17:06 04:21:00
5 MATSUMARU, MASAYUKI 9/6/5 35/MALE PRO 00:27:52 02:28:04 01:23:41 04:21:59
6 MASUDA, DAIKI 10/8/6 30/MALE PRO 00:27:54 02:30:45 01:23:45 04:24:47
7 CSOKE, BALAZS 2/4/7 27/MALE PRO 00:23:44 02:31:37 01:31:09 04:29:21
8 SUGANUMA, SHINYA 11/11/8 28/MALE PRO 00:28:19 02:33:49 01:24:41 04:29:44
9 FELBABEL, ERICH 13/13/9 32/MALE PRO 00:31:50 02:32:33 01:25:18 04:32:38
10 SHINOZAKI, YU 12/9/10 26/MALE PRO 00:31:16 02:27:45 01:32:16 04:33:28
11 SCOTT, GAVIN 5/3/11 24/MALE PRO 00:25:19 02:30:16 01:36:32 04:34:40
12 MATEJOVSKY, JAN 7/12/12 26/MALE PRO 00:25:29 02:38:39 01:31:54 04:39:06
13 TAKEUCHI, TELTUPEI 4/14/13 34/MALE PRO 00:25:16 02:42:14 01:36:38 04:46:28
14 WU, MICHELLE 2/1/1 27/FEMALE PRO 00:28:28 02:46:06 01:34:19 04:51:27
15 PAXTON, RACHAEL 5/3/2 26/FEMALE PRO 00:31:15 02:45:19 01:34:15 04:53:27
16 SHIONO, EMI 7/2/3 30/FEMALE PRO 00:34:20 02:40:34 01:36:26 04:54:25
17 NISHIUCHI, MAKI 1/4/4 35/FEMALE PRO 00:27:39 02:48:45 01:41:58 05:01:06
18 MATSUMARU, HIROMI 8/5/5 37/FEMALE PRO 00:37:40 02:44:45 01:39:49 05:05:14
19 KUBOTA, SAKI 4/8/6 33/FEMALE PRO 00:29:58 03:10:09 01:53:49 05:37:29
20 MIYAZAKI, YASUKO 6/7/7 35/FEMALE PRO 00:31:44 03:06:11 02:10:32 05:52:08
21 FUKUI, HIDEO --/2/-- 33/MALE PRO 00:00:00 02:28:52 00:00:00 00:00:00
22 SHIGAKI, MEGUMI 3/6/-- 36/FEMALE PRO 00:29:30 02:54:25 00:00:00 00:00:00

月曜:
 自転車通勤52km