2010/04/28

スポーツ・運動とドーピング,統合失調症?コルチゾール?アドレナリン依存症? 燃え尽き症候群?等 2011.12.30追記


どうも精神的に調子が悪い。調べる。

【自覚症状】
・聴覚過敏
・思考の混乱
・睡眠障害
・漠然としたあせり
・感情のコントロールが出来ない。感情が大脳で処理されず,脊髄反射で反応する感覚。ストレスが脳の感情をコントロールする部分を迂回して,直接体を動かす感覚。ストレスを受けると手を振り上げて何かを殴ろうとしている。自分はその手を見てなんだこれは?と驚く。そんな感じ。
・天使と悪魔,の感覚。本能と理性が完全に分離。
・二重人格的になった感覚。
・このコントロール出来ない感じは,人間の感情も,ただ,神経伝達物質の流れによるものだと認識させてくれる。
・脳波は行動後初めて反応する,ときいたことがあるが(?見つからない.),人間の意志なんてものはただの幻想で存在しないのかもな.まあ,S/N比の問題もあるし脳波に反応しないからといって意識が働いていないとは言えないが.
・「古い脳を持つ類人猿に,大脳新皮質が寄生して,人間となった」,という映画があったと思うが,そんな感覚。


【受診】
・統合失調症の前駆期~急性期だろうとのこと。
・薬をもらう。(アモキサンエリスパン

【調査情報】
統合失調症とは
・脳内の神経伝達物質の異常。
前駆期:陽性症状:睡眠障害、聴覚過敏、あせり、気分の変わりやすさ
・急性期:陽性症状:疑い深さ、幻聴妄想

・消耗期:陰性症状:倦怠、眠気、無気力、引篭もり、甘え、慢性化
・回復期:陰性症状:ゆとり、周囲への関心の増加
急性期に神経伝達物質が過剰放出される(厳密には興奮作用抑制作用両物質があるので違うが、イメージとしてはこれでよい)。そのまま症状が進行すると、神経系が過剰な神経伝達物質に対し防護反応をおこし神経伝達をブロックするようになり(いわゆる神経系の疲労)、症状としては全く逆のうつ状態=消耗期に移行する。
・統合失調症とうつ病の区別は難しい.うつ病には陽性症状がない.(以下の文章において,うつ病の場合の事項はそのように記載する)
・20歳以上の日本人では生涯に10%程度がかかる。
・薬物治療が基本で、本人の意思だけでは治せず、必ず悪化する。“気の持ちよう” “努力”などで変えられるものではない。変えられないものを、変えようと無理をすれば、症状を悪化させる。
時間がたてば自然に治る類の病ではない。
・6か月程度の治療で回復する症例が、60%ないし70%程度であるとされ、多くの症例が、比較的短い治療期間で回復する。しかし、一方では25%程度の症例では、1年以上うつ状態が続くとも言われ、必ずしもすべての症例で、簡単に治療が成功するわけではない。また、一旦回復した後にも、再発しない症例がある一方、症状を繰り返す症例もある。

・抗うつ薬の有効性が臨床的に科学的に実証されている。ただし抗うつ薬の効果は必ずしも即効的ではなく、効果が明確に現れるには1ないし3週間の継続的服用が必要である。このことをしっかりと理解して服薬する必要がある。
抗うつ薬による治療開始直後には、年齢に関わりなく自殺の危険が増加する危険性があるとアメリカ食品医薬品局 (FDA) から警告が発せられた。
・抗うつ薬のうち、従来より用いられてきた三環系抗うつ薬あるいは四環系抗うつ薬は、口渇・便秘・尿閉などの抗コリン作用や眠気などの抗ヒスタミン作用といった副作用が比較的多い。これに対して近年開発された、セロトニン系に選択的に作用する薬剤SSRI(フルボキサミン(デプロメール、ルボックス)パロキセチン(パキシル)セルトラリン(ジェイゾロフト)など。服薬中止により強い攻撃性や自殺など副作用)や、セロトニンとノルアドレナリンに選択的に作用する薬剤SNRI(ミルナシプラン(トレドミン)デュロキセチン(サインバルタ(シンバルタ))、NaSSA(レメロン、リフレックス)等は副作用は比較的少ないとされる(副作用の内容が変わっただけで、減ったとは言い難いともいわれる)が、臨床的効果は三環系抗うつ薬より弱いとされる。また、不安・焦燥が強い場合などは抗不安薬を、不眠が強い場合は睡眠導入剤を併用することも多い。またカルバマゼピンやベンゾジアゼピン系もしばしば用いられている。
・近年は陽性反応、陰性反応双方に有効な抗うつ薬が開発されている。(ドーパミンだけでなく、セロトニン、ノルアドレナリンなど様々な神経伝達物質の流れに作用)

栄養失調性のうつ症状もある。ナイアシンの投与に関しては、海外では多くの報告があり、ひとつの治療法として確立されている。
・生体内、腸内細菌によりナイアシンは生合成されているが、病気により、トリプトファンからナイアシンへの代謝不良が起き、トリプトファンが不足し、慢性化がおこると考えられている。
ブドウ糖の代謝時に大量のナイアシンを消費するため、糖質制限を行うと良いといわれる。
・トリプトファンの成人男子 14~17mgNE。成人女性 12~13mgNE。許容上限摂取量を30mgNEとする。100mgNEを超えると過剰障害がおこることもある。
・ビタミンB6欠乏はナイアシン欠乏を促進しうる。
多くの症状に、ビタミンB3やB6の不足が関係している

再発を予防するには、この病気にかかりやすい人の特徴である,何ごとにも熱心でゆとりがなく、緊張がつづきすぎ、その末に病的なスランプに陥ることをよく自覚して、あまり緊張をつづけないことが大切である


神経系(wiki)
・神経伝達物質は、50種類存在。主なものは、グルタミン酸やGABAに代表されるアミノ酸系の物質と、ドーパミン・ノルアドレナリン・アドレナリン・セロトニンなどに代表されるアミン系の神経伝達物質。
・神経伝達の仕組みについては,昔覚えたけどもう忘れたな・・・あとで覚えなおそう
・以下主要な【神経伝達物質」
・ドーパミン :快楽、依存症、ストレス解消
・セロトニン :安定化、興奮防止、トリプトファンから生成 :運動時増加、疲労の原因の一つ
・エンドルフィン :多幸感、モルヒネ受容体結合により鎮静 :ランナーズハイ
・ノルアドレナリン :末梢血管収縮血圧上昇。一部変化しアドレナリン、人間を含めて動物において脳内で一番多く分泌されている :運動機能向上、脂肪代謝亢進(持久運動に強く関与)、カテキンが ノルアドレナリンが体内で減少するのを抑える
・アセチルコリン :神経刺激をシナプスを通じ伝える



「自律神経系の薬理学的基礎(wiki)
交感および副交感神経線維は、1つの細胞またはニューロンだけから成る自発的な運動神経と対照して、「神経節前」及び「神経節後」神経細胞の両方がある。それらは神経節で会合し、シナプスの化学伝達物質アセチルコリン(ACh)により、神経インパルスが神経節で細胞から細胞へ伝達される。 アセチルコリンは最初のニューロン(節前ニューロン)から放出され、2番目のニューロン(節後ニューロン)のニコチン型受容体に結合し、リガンド依存性Naチャネルを開き、脱分極を起こしてインパルスを発生、ニューロン末端で2番目の神経伝達物質を放出することによって、情報をシナプス後膜へ伝える。 副交感神経系の2番目の伝達物質は同じくアセチルコリンであるが、交感神経系における2番目の伝達物質はノルアドレナリンが担う。副腎髄質を支配する神経は節前線維で終わる。普通、交感神経の節後線維からノルアドレナリンが放出されるが。機能的に見ると伝達物質を放出する代わりに副腎髄質からアドレナリン及びノルアドレナリンが分泌される。つまり副腎髄質自体が巨大な節後線維として働いていることとなる。  神経節前自律神経細胞の細胞体は中枢神経系に位置し、交感神経系の細胞体は脊髄の内の胸随と腰随にあるのに対し、副交感神経系の細胞体は脳幹(頭蓋副交感神経=迷走神経などの脳神経の一部)と仙随(仙髄副交感神経)に位置している。
自律神経系の機能を担う、主な神経伝達物質はアセチルコリンとノルアドレナリンである。 前述の通り、アセチルコリンは交感神経及び副交感神経の節前線維終末から放出され、ここでの受容体はニコチン性アセチルコリン受容体である。 自律神経節では他にも、ムスカリン性アセチルコリン受容体、ドーパミン受容体等が存在することが知られており、これらは神経伝達物質というよりはむしろ神経修飾物質と呼ばれ興奮の伝達に関与していると考えられる。自律神経節のニコチン受容体をブロックするアンタゴニストとしてはトリメタファン、ヘキサメソウニウムが知られており、今日では使用は減ったものの、最も早くに導入された降圧薬である。 アセチルコリン受容体にはニコチン性のものに加えて、他にムスカリン性受容体があり、これは副交感神経支配下の効果器に存在する。今日では、ムスカリン受容体はM1~M5受容体というサブタイプが知られ、今後個々の臓器における、これらサブタイプの違いに基づくよりよい薬の開発等が期待されている。ムスカリン受容体の局在として、副交感神経終末以外に、汗腺支配下の交感神経終末がある。汗腺は原則として交感神経の一元的支配を受けているが、一方で伝達物質はアセチルコリン、受容体はムスカリン性アセチルコリン受容体であるという点で、特徴的である。ムスカリン受容体拮抗薬は、循環器、消化器薬として知られるアトロピンが有名である。 ノルアドレナリンは交感神経終末から放出され、副腎髄質からアドレナリンとともに分泌される。アセチルコリン同様に、(ノル)アドレナリンの受容体にも、サブタイプが存在することが知られ、α受容体とβ受容体に大別される。交感神経が各器官に及ぼす作用のうち、血管収縮はα受容体によって、心拍数増大はβ受容体によってそれぞれ媒介されている。このような、受容体の差異を考慮して、交感神経の作用を選択的に再現もしくは遮断するα/β作動薬もしくは遮断薬が臨床的にも応用されている。今日では、αはさらにα1、α2、βはβ1、β2、β3という下位のサブタイプが存在することが知られている。β1アドレナリン受容体は主に心臓に局在し心拍数増加、心収縮力増加を介し心拍出量を増やす。これを踏まえ、β受容体拮抗薬は心機能を抑制する目的で高血圧の患者に用いられる。逆に心不全のときには、心機能を補助する目的でβ受容体刺激薬が用いられる。β2は多くの平滑筋に存在するが臨床的には気管支拡張薬として重要である。 β3アドレナリン受容体は、最も遅くに報告された受容体であるが、脂肪組織、膀胱、消化管等に限局して存在することが知られ、β3受容体を選択的に刺激する 薬が開発されることで、心臓や気管支に作用することなく脂肪を効率的に減少させることができるのではないかと期待されている。」



関連する脳の考え方
大脳新皮質
大脳の部位のうち、表面を占める皮質構造のうち進化的に新しい部分である
情報処理や思考、判断、記憶,大脳辺縁系制御
大脳辺縁系
脳の最も古い部位の一つ
記憶の保持と想起補助,自律神経活動(循環、呼吸、消化、発汗・体温調節、内分泌機能、生殖機能、および代謝のような不随意な機能を制御する。)
統合失調症やパニック障害、各種の認知症など、さまざまな疾患の病態生理に大脳辺縁系が深く関わっていることがわかってきている。
・上の大脳新皮質と大脳辺縁系が協働していない感覚あり


うつ病と運動
・運動がうつ病の発症を予防する
1週間に1000kcal 以上の運動をすることによって、うつ病発症のリスクが17%低下する
1週間に2000kcal 以上の運動をすることによって、うつ病発症のリスクが28%低下する



アモキサピン(商品名アモキサン添付文書
・効能:気持ちを楽に、意欲を高める
・副作用:眠気、反応低下、弱い抗コリン作用(口渇、便秘、目のかすみ、排尿困難,眼圧上昇)
脳内神経末端へのノルエピネフリン(ノルアドレナリン)、セロトニンの取り込みを阻害する作用、ドーパミン2受容体阻害作用をもつ。
・第2世代の三環系抗うつ薬。
・ 効果発現には数週間を要するが、抗うつ作用はSSRIやSNRIと比較して強力である。
・また突然の服用中止は重大な副作用を誘発する危険性があるため、薬剤師による服薬指導を遵守すべきである。
・血中濃度は、投与1.46時間後に最高値
・血中半減期は約8時間
・「効果が早く切れ味鋭い」とされる。比較的強力。
・太りやすいといわれている

フルジアゼパム(商品名エリスパン添付文書
・効能:不安緊張を除く
・副作用:眠気、反応低下、血糖値上昇、めまい、倦怠、抗ヒスタミン作用(眠気、体重増加)
・ベンゾジアゼピン系の抗不安薬の一種。長時間作用型。
・脳にある神経受容体(ベンゾジアゼピン受容体)に結合することにより、神経を活性化させる。
・血清中濃度の最高値は、服薬1時間目
・生物学的半減期は約23時間
・同系のジアゼパムには運動機能・協調運動障害があるとされる。(一時的かどうか不明)

抗うつ薬全体の概要
抗精神薬の副作用概要




アスリートとうつ(http://www.hid-fitness.com/computrainer/etc2.html)
・「ハワイ・アイアンマンを8回優勝しているクイーン・オブ・コナ、ポーラ・ニュービーフレイザーは、アイアンマンなどのレース後に頻繁に起こる精神状態を「AIDS(エイズ):After Ironman Depression Syndrome(アフター・アイアンマン抑うつ症候群)」と呼んだ(「Triathlete」1998年)。AIDSの名称に他意(疾病のエイズについて)はないが、アイアンマンのような過酷なレース後には、多くのトライアスリートがうつ状態や心の空白状態に見舞われることをさしてこう称している。
多くのアイアンマン完走者や持久スポーツのアスリートがこの精神状態を経験するようだ。実に10%もの持久スポーツアスリートがうつ状態にあるとの報告もある(Morganら、1987年)
・「これまでの研究によると、過剰なトレーニングや過酷な試練(アイアンマンのような・・・)により引き起こされるうつ症状などの精神的障害は、脳内のセロトニンというホルモンの分泌低下により引き起こされると考えられている(Uusitaloら、2004年)。また、運動後は、ベータ・エンドルフィンという快楽ホルモンが多量に分泌されることが知られており(図)、これが「ランナーズ・ハイ」の原因だとさえ言われた(その科学的根拠はいまだはっきりしない)。 
アイアンマンのような非常に刺激の強いベータ・エンドルフィン「誘発剤」は、レース後数日間は最高の快楽感をもたらすが、やがてその刺激が止むとベータ・エンドルフィン分泌量が一気に低下し、これが脱力感や空白感を引き起こす(Scullyら、1998年)。つまり、禁断症状が現れるのだ。」
・アスリートとうつ病について (第3回スポーツ精神医学会特集) http://ci.nii.ac.jp/naid/40015603916/(本文未入手)
・日経新聞のスポーツ欄に「アスリートは強いのか?心のケアはどこに」記事連載2010/3/30?(本文未確認)
アスリート性鉄欠乏貧血により、うつ症状発生あり
・「運動とうつ病:多様性と脈絡性の考察」(全文)http://www.htc.nagoya-u.ac.jp/~yamamoto/cssp/data//sp_g/faulkner04_all.htmlこれは改善の話だな
・自転車と欝といえば,フライングスコットマン,トップランナー,グレアム・オブリーが挙げられる。

・燃え尽き症候群
wiki「燃え尽き症候群(もえつきしょうこうぐん、英: Burnout Syndrome)は、一定の生き方や関心に対して献身的に努力した人が期待した報酬が得られなかった結果感じる徒労感または欲求不満[1]。慢性的で絶え間ないストレスが持続すると、意欲を無くし、社会的に機能しなくなってしまう症状。一種の外因性うつ病とも説明される。ハーバート・フロイデンバーガーの定義によると、持続的な職務上ストレスに起因する衰弱状態により、意欲喪失と情緒荒廃、疾病に対する抵抗力の低下、対人関係の親密さ減弱、人生に対する慢性的不満と悲観、職務上能率低下と職務怠慢をもたらす症候群。朝に起きられない、会社または職場に行きたくない、アルコールの量が増える、イライラが募るなどから始まり、突然の辞職、職場に対する冷笑感、無関心、過度の消費などにはけ口を見出したり、最後は仕事からの逃避、家庭生活の崩壊、対人関係の忌避、最悪の場合、自殺や犯罪などに終わるという。日本においては、大きなスポーツ大会(オリンピック、甲子園、全国高校サッカー選手権など)の後のスポーツ選手の心理状態について使われることも多い。」


ドーピング
・アモキサピン、フルジアゼパム共に、ドーピング指定なし
・添付文書によると,両剤併用で
「薬剤師のためのドーピングガイドブック」によると,「服薬による競技能力低下が考えられる」とある・・・




【原因予想】
・基本的にはストレス
二律背反、ダブルバインドの命令を律儀に守ろうとするとなり易いそうな。
・運動のしすぎにより、「栄養失調」?
・アドレナリンコントロールにより、「運動時アドレナリン放出しすぎによる神経伝達物質バランス異常?」「ランナーズハイの副作用」?
・根拠は聞いたことがあるって程度だが、「落車時頭打ってホルモンバランス崩れた?」



【意見】
・「運動がうつ病の発症を予防する」とあるが、自分の場合は週2000kcal以上運動しており当てはまらない。
・「栄養失調性の統合失調」については、最近、多少炭水化物を減らした程度で普通に食べ、くわえてマルチビタミン&ミネラルを補給している。「糖質制限」「ビタミンB3B6補給」「ナイアシン」いずれも問題無し。もしや、運動による消費が予想以上に激しく、補給量が追いついていないのか?。いや?それほどハードに運動してない(週あたり10時間程度)し、そうとは思えんが…補給量増やしてみるか?いや、今はうつと逆の急性期だから、、減らさないといかんのか?。陽性反応について述べた資料が少なく判らん。
・薬摂取により太りやすくなるってのはいやだな。
・ブドウ糖消費時ナイアシン多量消費。って、自転車乗ってる以上避けられない。サプリメントに依存するか…
・抗うつ薬は種類も多く機序・副作用も様々。素人目にはどれが良いのか、そもそも使用するほうが良いのかどうかも、よく解らん。
・音楽療法併用してみるか
・「再発を予防するには、この病気にかかりやすい人の特徴である,何ごとにも熱心でゆとりがなく、緊張がつづきすぎ、その末に病的なスランプに陥ることをよく自覚して、あまり緊張をつづけないことが大切である。」なおってからはそのように心がけよう.
・意思とは裏腹に衝動的な自殺衝動が現れるときが実際にある.怖い病気?薬?だ.


追記
引用「アドレナリンは朝起きてからだんだん減り、不足してくると、怒りのホルモン、コルチゾ―ルが生成される」「アドレナリンが底をついた時に、怒り・攻撃を誘発して場を乗り切るための緊急ホルモン」であるコルチゾ―ルがジャンジャン分泌され、翌日以降も体内に蓄積されて、ストレスが溜まり、病気になりやすくなるほか(ひどい時には死因につながる他)、本当にアドレナリンが必要な状況(突然で全く予測していなかった仕事の緊急事態を乗り切る、交通事故・火事・震災などで、人命を助ける)に、アドレナリン不足で力がでなかったり、アドレナリンが全く出ずにコルチゾ―ルが助っ人に分泌されたばかりに、冷静な判断ができず、感情に走ったり、衝動的に行動を起こしてしまったり、悪い事ばかりです。
もしや、アドレナリンの使いすぎによる、による陽性症状なのか?????????
。まあどちらにしろストレスががん員であることはかわりなし。ただ、「アドレナリンを発生させない程度の運動」により、改善の可能性がある。
wiki:「コルチゾール (cortisol) は副腎皮質ホルモンである糖質コルチコイドの一種であり、ヒドロコルチゾン(hydrocotisone)とも呼ばれる。炭水化物、脂肪、およびタンパク代謝を制御し、生体にとって必須のホルモンである。3種の糖質コルチコイドの中で最も生体内量が多く、糖質コルチコイド活性の約95%はこれによる。ストレスによっても発散される。分泌される量によっては、血圧や血糖レベルを高め、免疫機能の低下や不妊をもたらす。
また、このホルモンは、過剰なストレスにより多量に分泌された場合、脳の海馬を萎縮させることが、近年PTSD患者の脳のMRIなどを例として観察されている[要出典]。海馬は記憶形態に深く関わり、これらの患者の生化学的後遺症のひとつとされている。」



・アドレナリンコントロールについて
分泌効果(wiki):
交感神経が興奮した状態、すなわち「闘争か逃走か (fight-or-flight)」のホルモンと呼ばれる。動物が敵から身を守る、あるいは獲物を捕食する必要にせまられるなどといった状態に相当するストレス応答を、全身の器官に引き起こす。運動器官への血液供給増大を引き起こす反応、心筋収縮力の上昇、心、肝、骨格筋の血管拡張、皮膚、粘膜の血管収縮、消化管運動低下、呼吸におけるガス交換効率の上昇を引き起こす反応、気管支平滑筋弛緩、感覚器官の感度を上げる反応、瞳孔散大、痛覚の麻痺、勃起不全、興奮すると分泌されるため、例えば喧嘩になった時に分泌され、血まみれや骨折の状態になっても全く痛みを感じないケースもある。空腹感の抑制。利点が多いが実は…
分泌方法:
戦争「テロリストは誘拐や無差別的な殺人をどうしてそこまで繰り返すのだろう。私には理解できない。」テロ多発地域での取材活動の体験談を語っていた講演者の一人が、「私にも理解できない。彼らはきっと アドレナリン・ジャンキーなんだろう。そういう活動によって血中のアドレナリンが上昇するのが快感で、止められないんだよ。」
血中半減期は3-5分
欠点:
直ぐ不足してしまう(昼には不足といわれる)。不足するとコルチゾ―ルが生成される(悪影響)(怒りっぽくなる。感情に支配され、理性を見失う、暴れ出す)。使いすぎると、アドレナリン過多症、あるいはアドレナリン欠乏症。寿命が短くなる。瞬発力を必要とするスポーツ選手に若い選手時代の突然死が多いのも、アドレナリン枯渇とコルチゾール依存型の生活の長期化による心臓系・血管脳・内蔵などへの負担からといわれています。バリバリの働き盛りのビジネスマンが、突然死するのも、無関係ではありません。(詳しくは前回のブログで紹介した Johns Hopkins Universityのアドレナリンの入門書をご覧ください。)その他アドレナリンの悪影響引用1引用2
アドレナリン枯渇防止:
フェニルアラニン、タンパク補給。カフェイン摂取のカット、規則正しい食事、腹式呼吸、ダークチョコ、焦らない、怒らない、心拍数の確認、朝食と昼食をきちんと取る、
悪影響への対処:
コルチゾール分解(運動・睡眠など)



・運動すればコルチゾールは下げられるのか。なら、うつの話と同じだな。なぜ運動しているのに症状が出るのか???アドレナリンを産生出来ていないもしくは運動しすぎで消費しすぎているのか?。上記「アドレナリン枯渇防止」の項で実施していないものは・・・焦らない、怒らない、ダークチョコ。ぐらいか。
・ダークチョコを試してみよう。「カカオ90%ぐらいできるだけ糖分の少ないもの」か…売ってるかな???

・統合失調症の陽性症状は、コルチゾールによる症状と似ている。「統合失調症の陽性症状は、実はアドレナリンの枯渇によるコルチゾール分泌によるものだった。」ということもあるだろう。自分はどちらだ?

・「カテキンが ノルアドレナリンが体内で減少するのを抑える」。ノルアドレナリンの分泌量が一定とした場合、カテキンはそれを無理やり分泌させることになる。と、すると、コルチゾンが分泌され易くなってしまうのでは???
・アドレナリンの分泌量は、1日で決まっているのかどうか?。カフェイン、カテキンにより、ノルアドレナリンの生成分泌量が増えるのか、ただ分泌量が増え結果不足し、コルチゾン分泌を促してしまうのか。カフェインはダメで、カテキンは良いのか?。薬に対しカフェインとカテキンは禁忌?。これらの点がまだ調査不足。もしカテキンも禁忌であれば、ヘルシア緑茶ノムのやめなければな。そういえば、ヘルシア緑茶飲み始めたタイミングと症状が重なっているが、偶然か???
・薬によりノルアドレナリン取り込み阻害すると、コルチゾールはどうなるんだ? 分泌され難くならなければいかんハズ。まあこうだと仮定しよう。
・薬によりノルアドレナリン取り込み阻害すると、脂肪代謝しなくなるかもしれない。運動、LSD前は薬飲まない方が良い?
・最近の体重減少は、ノルアドレナリン過剰分泌によるものだった?






・追記
双極性障害も同じような症状
:統合失調症と並び、二大精神疾患と言われている。
:双極性障害の生涯有病率は、比較的多い軽度の双極Ⅱ型障害を含めても0.4~0.7%であるとされ、うつ病の8~16%と比べると、かなり低めである。

30~40代に多く、中高年の自殺の背景として話題になる「うつ病」よりも自殺率が高い
引用
:自分を過小評価する、周りに迷惑をかけているのではないかと考える、気分が晴れない、やる気が起こらない、よく眠れない。こんな症状が1週間ほど続いた後、突然、いつもよりも陽気で、少しおしゃべりで、少し気前がよくなる。少ない睡眠時間でも、精力的に動き回る-。こんな「うつ状態」と「軽い躁状態」をそれぞれ1週間以上ずつ繰り返すのが「双極II型障害」だ。
放置していると、症状が全くない時期が次第に短くなり、うつや躁の症状が頻繁に出始める。休みなくうつと躁を繰り返す「ラピッドサイクラー(1年のうちに4回以上うつ状態と躁状態を繰り返すものを急速交代型(Rapid Cycler)と呼ぶ。)」へと発展してしまうこともある。
:「『双極性障害』は、『うつ病』に躁の状態が加わったもの。ただし、『うつ病』がストレスの影響を受けやすく、誰にでもおこる可能性が高いのに対し、『双極性障害』は、ストレスが引き金になることはあっても、病気になりやすい因子がなければ発症しにくいと考えられます」。
:「『うつ病』に使われる抗うつ薬は、あまり効果がないだけでなく、躁状態を誘発することもある。逆に、『双極性障害』の症状改善に役立つリチウムなどの気分安定薬は、『うつ病』には効果はあまりありません」
:セルフチャック判定:「双極II型障害」の可能性は低いが、気になることがあれば、専門医の診察を受けるように
:以下の症状が3ないし4つ以上みられる状態が1週間以上続き、社会活動や人間関係に著しい障害を生じることである。
×自尊心の肥大:自分は何でもできるなどと気が大きくなる。
△睡眠欲求の減少:眠らなくてもいつも元気なまま過ごせる。(身体の疲労を自覚出来ず、過労死した例が過去にある)
△多弁:一日中喋りまくったり、手当たり次第に色々な人に電話をかけまくる(メールのやりとりをするケースもある)
○観念奔逸:次から次へ、アイデア(思考)が浮かんでくる。
△注意散漫:気が散って一つのことに集中できない。
△活動の増加:仕事などの活動が増加し、よく動く。
△快楽的活動に熱中:クレジットカードやお金を使いまくって買物をする、性的逸脱行動に出るケースもある。
三環系抗うつ薬はSSRIやSNRIに比べ躁転を引き起こしやすい。
:向精神薬を服用している場合、飲酒は作用を増強したりもうろう状態や錯乱を引き起こす可能性があるので、厳禁である。
うつ状態の場合、病気の症状の一つとして、あらゆることが悲観的に感じられ、過去の行動が後悔となって思い出される。この悲観的な思考によって、さらに気分が落ち込むという悪循環に陥ることが多い。そのため、うつ状態の時は努めて物事を深く考えない方がよい。適切な時間の睡眠をとる、脳と体を休ませることに集中し、新しいことには無理をして取り組もうとしないほうがよい。



G ブルーな気分だと世界が灰色に見える、人類共通の現象を科学的に実証
「健康な人とうつ病患者のコントラスト感度の違いは、測定結果の電気生理学データを1人分だけ取り出してみても、ほとんどのケースで測定結果がうつ病患者のものか健康な人のものか的確に判断できるほどとのこと。受信者動作特性解析(ROC解析)では特異度(病気にかかっていない場合に検査結果が陰性になる確率)が92.5%、感度(病気にかかっている場合に検査結果が陽性になる確率)が77.5%だったとのことで、患者の主観に頼る部分の多いうつ病診断において、網膜電図(PERG:Pattern Electroretinogram)PERGが新たな客観的な指標となるかもしれないと期待されています。」
(後日修正予定)


47 疲労神経回路が解明できれば、疲労の回復因子や予防の方法も見つけやすくなってくる。
この回路は、うつ病にも関与する神経伝達物質のセロトニン系が関係しているとみられ、モデル動物を使ってさまざまな疲労を分析、疲労のメカニズムや回復方法を探索中だ。
・欲しい物を得るために我慢している時には、脳内物質「セロトニン」を出す神経細胞の働きが活発になっていることを、沖縄科学技術研究基盤整備機構がラットを使った実験で突き止めました。複雑な心の動きを制御するメカニズムの解明につながる成果です。



@dol_editors
「【あなたも他人事ではない!心を病む30~40代が急増中!カウンセラー歴40年のプロが明かす「ある日突然、うつにならない方法」とは?】一体どうすれば、周りにふりまわされずに生きることができるのだろうか… http://ow.ly/2Kb8N
人の意見も、当然重視しなければならないが、その意見にしたがってばかりいては何もできない。人に言われてやめるのではなく、自分で実際に直面して肌で感じとり、それでできないと思ったらやめ、できると思ったらやるべきではないか。(植村直己『青春を山に賭けて』)



・「統合失調症の動物モデル」
統合失調症
10代後半から30代に主に発症
有病率1%
臨床症状
陽性症状(幻覚,妄想,奇異な行動,思考障害,焦燥など)
陰性症状(感情鈍麻,快感消失,意欲喪失,社会的退却)
認知障害(学習,記憶障害,注意機能障害)
陽性症状は比較的良く薬物療法に対応する
再発率:1年以内の再入院率50%
自殺リスク10%
陰性症状や認知障害に対する抗精神薬の効果は十分でない
遺伝率は約80%と推定されている
多数の関連遺伝子が同定されている(神経伝達関係:ドーパミンCOMT,DARPP-32,アセチルコリンCHRNA7,グルタミン酸GRM3,DAAO,G72,)(神経発達関係:DISC1,DTNBP1,NRG1)
形態学的異常:前頭前野,海馬,扁桃体の萎縮。脳室拡大。パルプアルブミン陽性,GABA神経の減少(前頭葉皮質)(統合失調症はアルツハイマーに近いか。記憶面でのダメージが大きいとアルツハイマー,感情面でのダメージが大きいと統合失調症,といったイメージか)
症状は神経伝達物質によるものとの仮説。(神経電卓物質仮説:ドーパミン仮説,グルタミン酸仮説)
原因は神経発達の軽微な障害と心理社会的ストレスの関与との仮説(two-hit仮説)



・「英国の作家や芸術家の生涯を調べた研究においても、同様の傾向が浮かび上がった。それによると、成功を収めた人は、一般の人に比べて、鬱病(major depression「大うつ病性障害」米国の診断基準DSM-IV-TRでの名称)の罹患率が8倍にのぼっていたことが明らかになっ。憂鬱な気持ちはなぜ芸術性を高めるのだろうか? これには、情緒と認知の絡み合いが関係している。悲しさはわれわれを、より注意深くし、細部に関心を持たせ、焦点を合わせやすくするのだ。http://wiredvision.jp/news/201010/2010102623.html」
・疲労と悩みとを予防する第一の鉄則は- たびたび休養すること、疲れる前に休息せよ、である。(Dale Carnegie『道は開ける』)

・gigazine うつ予防にはオリーブオイル?摂取する油脂の質でうつの発症率に違い http://gigaz.in/FH0Xx
gigazine 扁桃体の損傷により「恐怖」を感じることができない女性 http://gigaz.in/C3jMP

・naturejapan Nature Asia-Pacific
うつの治療に新しい標的 (Nature Medicine): NPG Nature Asia-Pacific http://nature.asia/h16BKI
・その原因と治療法を探る 特集:統合失調症 http://www.natureasia.com/japan/nature/updates/index.php?i=80562

・”ノルアドレナリン、ドーパミン、セロトニンが1950年代、アミノ酸が1960年代の神経伝達物質だとすれば、1970年代における脳科学者の話題の中心はペプチドだった。”スーザン・グリーンフィールド著『脳の探究:感情・記憶・思考・欲望のしくみ』 http://is.gd/gjwA7
・赤ワインが、記憶に関わる脳の神経細胞の数を倍増させ、認知能力を高めることを名古屋市立大が解明。マウスにレスベラトロール含有量の多い赤ワインを飲ませた結果、海馬の神経細胞が、飲まないマウスに比べ2倍に。


BCAAがトリプトファンやチロシンなどの精神系アミノ酸より相対的に多いと精神系アミノ酸は脳内に入れず脳の神経伝達物質が作れず脳の機能が低下し、うつなどの症状が出現する
・体を動かしますと軽い活動から重労働までエネルギー代謝の際に必ずビタミンB3が消費されます。B3は水溶性のため代謝排泄までの時間が短いだけでなく貯蔵ができませんのでこまめな摂取が求められます。できれば食事の際に補助食品などで確実に補給する必要があります。不足が慢性化しますと我々人間はアミノ酸のトリプトファンからB3を合成する能力があるためトリプトファンが消費欠乏することになります。トリプトファンはBBBでBCAAと競合するため、BCAAに対し相対的に欠乏しますと脳内に入らなくなります。トリプトファンは脳内でセロトニンの材料(前駆体)であり、セロトニンが不足しますとうつを招きます。

ミツバチも「悲観的」になる:研究結果

「wired_jp WIRED.jp
【記事アーカイブより】「見知らぬ他人妄想」と「脳の中のゴースト」 - ニューロンの広大なネットワークに支えられた、壊れやすい虚像である「自己」の不思議さについてのエッセイ。 http://go.wired.jp/mPyCIY #wired_jp」

「wired_jp WIRED.jp
【本日の更新】ランニングで脳が若返る! 新しい神経細胞をつくる因子のメカニズムを解明。 / 運動は身体を鍛えるだけでなく、脳を若返らせることもできることが解明された go.wired.jp/n6dshE #wired_jp」
「wired_jp WIRED.jp
【今日の更新】職場で「同僚からの社会的サポート」を受けていない人は、死亡率が2.4倍にのぼることが、20年に及ぶ追跡調査によって明らかになった。上司の友好度は死亡率にほとんど影響がなかったという。 go.wired.jp/pcsBLn #wired_jp」
「NatureJapan Nature Asia-Pacific
小脳扁桃で見る動物 (Nature Neuroscience): NPG Nature Asia-Pacific nature.asia/ockv4O」
「bot_obio ぼっとびお
人生を変えるような宗教的体験をした高齢者は、海馬の萎縮が大きい傾向のあることを、デューク大学らが明らかにしました。自分の信念や価値観が社会全体からみて普通でないと感じると、長期的なストレスとなり脳に影響を及ぼす可能性があると考えられるといいます」
「幸福は最良の薬」を裏付ける研究成果(コルチゾン含量)「最も不幸な被験者と最も幸せな被験者とでは、コルチゾール濃度に32%の差が出た。また、幸せな被験者は、フィブリノゲン血漿――高濃度の場合、将来的に冠状動脈疾患(虚血性心疾患)を発症する兆候とされることが多いタンパク質――レベルで低いストレス反応度を示した。さらに、幸せな被験者の心拍数は1日中低かった――これは心血管系が健康だというしるしだ。」


ファルマシア2011年9月
・うつ病治療において,抗うつ病薬がプラセボを上回るのは,重症うつ病のみという報告がある(J.Am.MedAssoc 303:47-53,2010)
・海馬と前頭前野は萎縮,扁桃体は体積増大.
・若年性発症群では比較的遺伝負因が多く,中年発症群では生活習慣病のリスク保有率が高い傾向.
・抗鬱薬で軽快したとき,正常化しているか?
前頭葉背外側(思考,実行力)は回復
前頭葉内側面(扁桃体関連)は,臨床症状の軽快直後には,まだ正常化していない.
=これが回復するまでは再発リスクが高いと考えられる.

・Duman R.S.(1999)のモデル
薬:数時間で作用 ←シナプス
臨床改善:数週間 ←細胞膜内情報伝達系
脳・内分泌系改善:数週間ー数カ月 ←核内の遺伝子調整系等

・動物 抗うつ薬の長期投与によりBDNFなどの成長因子群の発現上昇.
・人に支援を求めるのは一見弱く見えるが,人から支援を獲得してでも解決しようとする積極的なアプローチである.
・ストレス反応.1疲労感,2怒り,3緊張感パニック.2までで抑えるのが良い.
・新薬情報.ルラシドン:体重への影響小,循環器,代謝副作用小と期待されている.(2013年ごろには日本発売と予想)
・新薬情報.あたらしいモデルターゲットに対する新薬15種類がPhII.内,半分程度は,数年で米国発売,(2017年頃には日本発売と予想).(ドーパミン仮説(GABA抑制の破綻・陽性),グルタミン酸仮説(ドパミン仮説を補完・陽性,陰性,認知),アセチルコリン仮説)
・統合失調症患者の死後脳は研究に重要である.ただし,薬歴がないほうが望ましい.
・視床は入力される情報の大きさを決めるフィルター.通常は基底核で抑制されている.
・グリシンによる陰性症状に対する効果は報告(1988)されているが,脳内移行性が低く実用に至っていない.
・薬効を最大限に活かすには,早期発見,早期治療,発症後3-5年の治療臨界期における集中的治療,が重要.
・抗精神病薬の使用自体が脳体積の進行性の萎縮に関与している可能性(Arch. Gen. Psychiatry, 68, 128-137 (2011)).(本当にメリットがデメリットを上回っているのか?)
・重度の精神疾患患者のほうが心血管性あるいは脳血管性イベントによる死亡率が高く,平均寿命が約25年短いと報告されている.
・治療抵抗性統合失調症にクロザピンが効果.
・統合失調症の予後には精神病未治療期間DUP(発症から治療開始までの期間)が大きく影響している.DUPが長いほど予後不良.
・うつ症状に対する漢方薬におけるエビデンスレベルの高い報告はまだほとんどない.
・統合失調症治療における入院,多剤併用大量療法は日本独特といわれる.(諸外国比較データなし)

・気分障害には双極性障害、大うつ病性障害などに分類される

「日経メディカル オンライン @NMonl 昨日に続き、うつ病になった医師のインタビューです。今度は、内科、外科の先生。お話を伺っていると、「誰もがうつ病になるリスクがある」ことがよく分かります(山崎)→臨床への恐怖、いじめ…私がうつになったワケ nkbp.jp/zBhKnL #NMonl」

@meigenbot 自分が弱虫であり、その弱さは芯の芯まで自分に付きまとっているのだ、という事実を認めることから、他人を見、社会を見、文学を読み、人生を考えることができる。 (遠藤周作) amzn.to/qPN6Hw

@endBooks”疾病・障害の国際調査の結果、15〜44歳では上位3位をすべて精神の病気が占めていた。1位はうつ病、2位はアルコール依存症を含むアルコールに起因する病気。3位が統合失調症である。” j.mp/xI7fEL 『こころの医療宅配便 精神科在宅ケア事始』高木俊介
世の中の人は何とも云えばいへ、我がなすことは 我のみぞ知る。 (司馬遼太郎 竜馬がゆく) amzn.to/kdtMn0

@iTatazm(Ծ_Ծ ) 精神病を患う人は犯罪の「被害者」になりやすい: 精神病を患う人が「危なく怖い」というのはガセ 2012/03 【日本語記事】BioToday 精神疾患成人は暴力を受けるリスクが高い 2012/0... bit.ly/w9DaDf #心理

@endBooks”キンドリング効果(kindling effect)とは、大うつ病性障害の発症にストレスフルなライフイベントが影響するが、それは最初の発症のときだけに影響する現象のことである。” j.mp/znNb4M 『精神疾患の行動遺伝学』ケリー・ジャン
鬱には薬よりウォーキングが効く? | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2012/04/post-2519.php @Newsweek_JAPANさんから

・FDA警告後、抗うつ薬使用は減、自殺企図は増 抗うつ薬の自殺リスクに関する警告に意図せぬ効果
 http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/mem/pub/hotnews/bmj/201407/537390.html


・うつ病とは何か?:同意見。見た目は何だが言いたいことはまとまっている
http://u-drill.jp/contents/0b.html








当人はどうしたか

・鬱病の薬は,モデルによると理屈上は,治療薬ではなく,風邪薬のような症候改善薬であるはず.いくら飲んでも症状は抑えられるかもしれないが一生飲んでも治りはしないと考えられる.治すのは自分の回復力と予想される.薬は副作用が強い.先生も薬を出すだけで説明も診断をしない.
薬を飲む意味がみいだせなかった
・そこで,2010年秋ごろ?から,薬をやめ食事療法に切り替え
「ビタミンB群接種と炭水化物制限でコルチゾン産生を防ぐ.ビタミンC多量摂取によりストレスによるダメージを軽減させる.良質なタンパク質を摂取した上で強度を落とした運動をして筋肉にBCAA供給,あまった神経系タンパクを脳に供給し萎縮した脳を回復させる.」理屈上はこれで良いはず.
・2011年ごろ?から軽快.原因は不明.
薬を飲んでいればもっと早く治ったかもしれないし,治っていないかもしれない.何もせずに治っていたかもしれない,食事療法により治ったのかもしれない.自分の信じる方法をとったことによるプラセボかも.少なくとも薬による副作用を受けずにすんだ点は大きい.
・再発率が高いそうなので,完治かどうかは不明.

終わってみると・・・非常に貴重な経験ができたと考えている.これ経験したことない人は,人として不完全にままとなるのではないか,と思うほどだ.







参考

書籍「スポーツ精神医学
:「アスリートのオーバートレーニング症候群とうつ状態」との章ようだ。探して読んでみよう。
アスリートの貧血とオーバートレーニング

・統合失調症の患者さん、ご家族の皆さんへ(パンフレット)
・http://orthomolecule.jugem.jp/
・http://www.hid-fitness.com/computrainer/etc2.html
・http://kz31.blogspot.com/2008/12/blog-post_29.htm
・http://blog.goo.ne.jp/globalsciencejournalist/e/3294810b15399b7f28c07d03ab204bec
・http://stress.about.com/od/situationalstress/a/adrenaline0528.htm :アドレナリン基礎
・http://www.amazon.co.jp/Adrenaline-Inner-World-Introduction-Integrative/dp/0801882885%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Dglobalscience-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D0801882885 :アドレナリン教科書
・ヴォート生化学
・「薬剤師のためのドーピングガイドブック」
・ファルマシア「特集 機能性精神疾患の研究・治療」  FARUAW 47(9):783-886,2011
他、文内の引用


・うつ病患者の見る世界を”黒犬”で表現した動画が話題に 患者から「驚くほど的確」の声 #ldnews http://news.livedoor.com/article/detail/8456360/

・抗うつ薬http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%97%E3%81%86%E3%81%A4%E8%96%AC


2010/04/25

Liège - Bastogne - Liège, BEL, HIS 2010 twitter


official
CN
J-sports
「1892年生まれの「Doyenne(ドワイエンヌ=最古参)」が、今年も春のクラシックレース月間を締めくくる。ベルギーのワロニー地方、さらに正確に言うとアルデンヌ地方で行われる今大会は「世界一美しいレース」としばし形容される。コース上に点在する緑濃い自然公園、野の花がいっせいに開き始めた丘や森、豊かに流れる小川、なによりそのアップダウンの小道が延々と続く難しいコースプロファイルが、LBLを美しいクラシックレースへと仕立て上げている!
正式には10の、しかしプロファイルを見れば無数の峠が選手たちを待ち受ける。特に最終100kmには8つの曲がりくねった激坂が待ち受け、全ての登りがアタックの舞台となるだろう。大会最多5勝のエディ・メルクス記念碑がそびえ建つストクー坂、数々の決定機を生み出してきたラ・ルドゥット坂、2年前からゴール前19.5kmに新しく加わったラ・ロッシュ・オ・フォーコン坂……。また2010年大会からはこれまでの2峠が姿を消し、新たにマキサールとモントゥーがプロトンへとお目見えすることになっている。そして261kmの長距離レースを締めくくるのは、もちろんアンスへの登り坂だ!」
CW
「本格的な闘いのゴングが鳴らされるのが、ゴール35km手前の「コート・ド・ラ・ルドゥット(平均8.4%)」。フィリップ・ジルベール(ベルギー、オメガファーマ・ロット)の出身地に近いこのラ・ルドゥットは、最大勾配が17%に達する。
続いてゴール20km手前で「ラ・ロッシュ・オ・フォーコン(平均9.9%)」をクリア。昨年アンディ・シュレク(ルクセンブルク、サクソバンク)は、このフォーコンでアタックを成功させ、ゴールまで独走した。
今年もゴールの6km手前で最後の難関「コート・ド・サンニコラ(平均11.1%)」にアタック。連続するこれらの上りで集団の人数が絞られるのは間違いない。」


個人注目選手
アスタナ:コンタドール@albertocontador ヴィノクロフ
ランプレ:クネゴ
ラボバンク:メンショフ
サクソ:アンディ@andy_schleck フランク@schleckfrank フルグサング@Jakob_fuglsang フォイクト
BMC:エバンス@CadelOfficial
サーヴェロ:サストレ@Carlos_Sastre
ケースデパーニュ:バルベルデ LLサンチェス
スカイ:ウイギンス@bradwiggins
リクイガス:ニバリ ペリッツオッティ@francopelli


 これで春のクラシックは終了か。寂しいねぇ。
 個人的な注目選手による、よい競り合いを期待したい。参加選手はジロより豪華やでーーーーーーー(泣
 最有力は、コン太、かな?。移動疲れも無くなっただろう。ヴィノクロフがアシストするのを観るのが楽しみ!!。ツールの予行演習
 調子にのっているという点ではエヴァンス。だけど勝つシーンをイメージできない。
 期待はフランク。アンディが今ひとつ調子悪いので、お互い気遣いながらトータルの順位を下げてしまう気がして心配ではある。が、早いトコLeeaちゃんに勝利を捧げて欲しいものだ。また、今のうちに勝ちグセをつけて、良い状態でツールに挑んで欲しい。
 カンチェはカリフォルニアまで休養中…



@schleckfrank
「What a happy 24hrs went home to C my girls.Leea is doing well n got to meet Stewy(our dog)he went bananas.back in hotel with the boys now」
「It was pretty hard to leave home but we wanna win on sunday, that's why need massage 2night.would like to race 2morrow motivation is on TOP」
「Folks sorry pics from Leea will follow soon just get her little time to get to know our world」
http://tweetphoto.com/19490527 Stewy n no it s not named specialy after stuey o grady but it comes very funny (cont) http://tl.gd/vr06n
「Driving 2bastogne to do the recon from L-B-L.. we are so close to luxembourg,30min longer in the car n I m home n would fire up the bbq」
「Nice chill out ride before the race 2morrow "L-B-L" just got back to lazy to take a shower but don't worry I will oull myself 2gether」
@andy_schleck
「LBL coming up we did the last 120 km today,a bit different then last year but the final is the same now resting 4 the big day」
「Just finish a funny movie with@schleckfrank tomorrow it s a year since I won LBL let c if we can win again:)good night folks!」
「Profile for today!looks like a long day 269km&11climbs/sunshine and 22 celsius this afternoon!let's rock! http://tweetphoto.com/19849795
@yottan
「明日のレース、ギアは全員11×25。それより軽いギアの要望は「それを使う時点で勝負に加わってない」との理由で脚下なのだそうです。 http://movapic.com/pic/201004241842004bd2bce8afddf
「本日リエージュ・バストーニュ・リエージュ長いレース、選手の朝食はパスタと白いオムレツ http://movapic.com/pic/201004251434444bd3d47484c27
@albertocontador
「Ya todo listo para la Lieja,258km con la ultima parte durisima.Sera una carrera bonita"para verla frente a la http://tweetphoto.com/19769987
「」



------J-sports LIVE-----------
txt live 予習
・曇、17-24℃
・8人逃げ、6分

 残り102km
 8人逃げ、3分47秒

 97km
 追走からフォイクト抜け出し
 意味は…わからん
 
93 Km 166.0 - Côte de Stockeu (Eddy Merckx memorial) - 1.1 km averaging 10.5 %
73 Km 186.0 - Col du Rosier - 6.4 km averaging 4 %

 82km
 逃げ7人-1分46-追走フォイクト。逃げ-集団2分34

 80km
 バルベルデ止まった?復帰。
 自転車交換
 ワンデーレースではチームカー1台。ステージでは2台。なるほど。

 70km
 逃げ6人-37-追走フォイクト+1。逃げ-集団1分41
 バルベルデ怪我?さぼり?
 集団ゆったり
 今回サクソバンクが引いていない。連日の引きの疲れかアシスト温存か。

 (ローラー休憩)

61 Km 198.0 - Col du Maquisard - 2.8 km averaging 4.5 %
50 Km 209.0 - Mont-Theux - 2.7 km averaging 5.2 %
 
 50km
 逃げQST1名-47秒ー集団
 登りで集団多少ペースアップ。
 混沌アタック開始。
 集団自体は淡々と

36 Km 223.0 - Côte de la Redoute - 2.1 km averaging 8.4 %

 36km
 集団淡々。有力選手無事先頭に集まる。あまり動きなし。
 リクイガス・アニョーロアタック中…
 22km、7kmまで有力選手の目立ったアタックはかからないか?
 バレード、アニョーロ、イヴァノフ、ガルゼッリ、他2名逃げ体制だが充分な差なし。
 集団隊列が伸びてゆく
 逃げ19秒

22 Km 238.0 - Côte de la Roche aux Faucons - 1.5 km averaging 9.9 %

 27km
 イヴァノフ逃げ13秒。アルデンヌクラシックでよく見るな
 ベルギーとアルデンヌ、面子同じだから展開も似ており、同じレースを数回繰り返しているようにも見える。
 集団速いがアスタナ、サクソはまだ引かない。エウス、リクイガス引き。

 21km
 登り
 アンディ、ジルベールアタック!!
 トップへ!!
 エヴァンス,コンタ,クネゴ,集団を引きジリジリ

 20km
 登り
 コン太アタック!!速い!!!
 先頭3人に!!!

 19km
 下り
 先頭6人に
 追走にヴィノ?先頭?
 ぐちゃぐちゃで判らんくなった

 16km
 ヴィノは先頭より抜け出しアタック中。見事なアシスト中!!!!!!!!!????
 後ろの先頭集団はコンタ,アンディ,バルベルデ,ジルベールその他
 このレースでも来たコロブネフ!、ヴィノに追いつく。ジルベール,バルベルデ追走中、残りは集団吸収…
 エヴァンス追走中

 12km
 コン太30秒離された。まだいいのか?実はコン太がアシストか??。総合勢の何人かはコン太チェックのため動かず?。コン太が意図的に引きつけているのか?
 先頭ヴィノ、コロブ。追走ジル、バル、エヴァンス

 8km
 25秒、1分15秒差
 サクソは無理か…
 エヴァンスが怖いな
 コン太も無理だ。ヴィノ行ったれ!”!!!

7 Km 252.0 - Côte de Saint-Nicolas - 1.0 km averaging 11.1 %

 6km
 ヴィノアタック!!!!コロブネフついてく!!32秒
 アンディ,コン太追走アタック開始!!!
 バルベルデアタック開始ジルベールアタック!!エヴァンス遅れ気味

 ジルベール差を広げる!
 しかし先頭まで43秒

 5km
 ヴィノがよく解らんガッツポーズを??あとでCN確認しようメモ
 先頭交代しながらペース維持
 ロシアとカザフスタンじゃ遺恨ありそうだな…

 2km
 同じ。32秒差。
 もう2人の内どちらかや…
 画面に集中!!!


 
 ヴィノ!ヴィノ!ヴィノ!ヴィノ!ヴィノ!ヴィノ!ヴィノ!ヴィノ!ヴィノ!ヴィノ!ヴィノ!ヴィノ!ヴィノ!ヴィノ!ヴィノ!

 登りデヴィの!!!!!!!!!!!

 ヴィノ!!!!!!!!!!
 ブーイングしてるやつ引っ込め!!!


 …ふう。満足。


 勝利後
 ヴィノはほんとに好い顔するな・・・・
 ヴィノとコン太笑顔でハグ。良かったーーーーー…ランスとは違うなヴィノは
 ヴィノは「ツールでは」コン太のアシストすると言っているので、これでいいのダ

 ドーピングしてた好人物と、ドーピングしていない?ツマラン人物じゃ、前者のほうが魅力的だ…
 正直、他の選手にしては微妙な感情があるだろうな…バルベルデなんかはほんとに複雑だろうに…

 ヴィノ。抜いだらおっさんの体だ;;

WCC動画

1 Alexandre Vinokourov (Kaz) Astana● 6:37:49
2 Alexandr Kolobnev (Rus) Katusha 0:00:06
3 Alejandro Valverde (Spa) Caisse d'Epargne● 0:01:04
4 Philippe Gilbert (Bel) Omega Pharma-Lotto
5 Cadel Evans (Aus) BMC Racing●
6 Andy Schleck (Lux) Saxo Bank● 0:01:07
7 Igor Anton (Spa) Euskaltel-Euskadi
8 Chris Horner (USA) RadioShack
9 Frank Schleck (Lux) Saxo Bank●
10 Alberto Contador (Spa) Astana●

ーーーーーーーーーーーー

春のクラシック総括
フランドル・ルーベ
カンチェ宇宙人
・フレチャ
アムステルゴールド・フレシュ・リネージュ
・アイスランド火山による選手陸路移動
・シュレック兄弟にオーラが無い
エヴァンスの魔除け。
・コン太の微妙な調子
・コロブネフの活躍
ヴィノ勝利!!!!!!!!
・コンタとヴィノは関係良好?
全体
・サクソ引きすぎの割に勝利に結びつかず。
BMCアシスト見たことない…
・選手やっと家に帰れる。 全員気持ちよく帰宅して欲しい。


@ChiaraPasserini
「Ha.Vino won.good for him-I was cheering for Kolobnev though.」
 キアラさん・・・
@albertocontador
「Enhorabuena Vino!Me alegro muchisimo,esperemos que esta foto se repita mucho;-)Ahora vacances!!! http://tweetphoto.com/19900445
 この時期いつもバカンス?
grahamwatson10
「Schlecks left frustrated at Liège-Bastogne-Liège http://bit.ly/dsvQ9f (via @Cyclingnewsfeed) #procycling #lbl」
「Some interesting reactions to Vino's win in LBL - but, please, don't shoot the photographer, I am just that - a photographer..!」
 泣;

 やはり、おめでとうメッセージは少なくなるよね…それどころか否定か…まあ、仕方あるまい…って、キアラさん怖ー

veloに恋して ヴィノコメント訳1
 記者による質問は悪意そのもの。
カピバラさん


引用ヴィノ「メディアのコメントは僕がウェブサイトやFacebookでファンから受けとった何百もの祝福と対照的だ。この不一致は理解しがたい。人々の気分を害さないために僕が勝利することは禁じられているかのようだ。」「勝つ資格のないものがスタートラインに立つスポーツがあるだろうか?僕は自転車を愛している。僕はすべてをそこから受け取ったし、自分も良いものを返したいと思っている。」
ウィギンスもメディアの反応を批判し、ヴィノの声明を「もっともだ」と言っていた。(いや自分にはそうは読めなかったが?)

 ヴィノはtwitterを始めて、自分の意見を明確にした方が良いのでは?
 一般メディア介すと、良くも悪くも必ず意見が歪められるからな…
 あまり過ぎると、パンターニのようにメディアに殺されそうで怖い…

2010/04/24

心拍と苦しさパフォーマンスの関係1 叩き台


常々疑問に思っていた点をメモ
・最大心拍変化不明
・AT上昇175付近
・最低心拍43
・運動時心拍大体160。全く苦しくない
・心拍170オーバーで1時間以上楽に可能
・心拍180オーバーからキツイ
・しばらくLSDで慣らすと、心拍150以上に上昇させにくくなり、かつ心拍150で苦しくなる。
?パフォーマンスは高いと言えるのか??


書きなぐり
参考http://kz31.blogspot.com/2008/12/blog-post_29.html


最高心拍上昇
:心筋能力強化
:心臓容量の低下?
:血液供給量増加?
:血管のつまり除去?(血圧低下で判断できる
:血流スピードが高いため、血液と血管との抵抗が高くなる。この関係から、太い血管に血液が供給され易い
:AT付近の運動で上昇といわれる

AT上昇
:酸素取り込み効率増加(代謝酵素増加(TCA回路酵素増加、乳酸分解効率増大
:必要部位への酸素供給能力の上昇(大血管、毛細血管双方?

最低・運動時心拍減少
:心臓容量増大(心臓肥大
:心筋能力低下
:血液供給量増加?
:血管のつまり除去?(血圧低下で判断できる
:筋力、脳の活動が低く酸素をそれほど必要としない
:血流スピードが低いため、血液と血管との抵抗が低くなる。この関係から、細い血管にも血液が供給され易い
:LSDで減少といわれる

苦しさ
:体内酸素濃度低下のよる脳の反応
:脳の慣れ
:アドレナリン供給により低下(同時に心拍・血圧上昇)



これを踏まえ、


最高心拍上昇 苦しさ強
:酸素取り込み効率不足
:脳が慣れていないため過剰反応
→パフォーマンスとしては低い?

最高心拍上昇 苦しさ低
:酸素供給能力上昇?
:心臓容量低下、運動強度低?(苦しくないのは筋肉が酸素不足を訴えるほど運動強度が高くないから,しかし,心臓低いので,心拍数は上がる。と考えることができる)
:アドレナリンコントロールできるようになれば,心拍上昇,血圧上昇,血糖値上昇,呼吸効率上昇,苦しさの麻痺の可能性あり。
→パフォーマンスとしては高い低い判断出来ない?同一強度比較必要=同一個人比較しかできない

運動心拍数低下 苦しさ強
:心拍の必要に対する対応速度低下(神経伝達系の能力低下
→パフォーマンスとしては低い?同一運動強度で平均心拍が低くなりかつ苦しさは増大した場合は,パフォーマンス低下とみなすべきか?

運動心拍数低下 苦しさ低
:酸素供給能力上昇?
→パフォーマンスとしては高い?


最低心拍数低下,最高心拍数上昇により可能心拍域が広がった場合それはパフォーマンスの上昇を意味するか?
:?





 結論:
 前提条件により異なり、この指標、心拍と苦しさだけでは、パフォーマンスは一概に判断出来ないってことか?。最低限運動強度一定条件で比較必要。
 つまり、「一般的にはトレーニングを続けていると心臓容積が大きくなる。その結果一回あたりの血液の拍出量が多くなり、相対的に心拍数値が減少する。しかし、数値が高いから運動能力が低いとは一概には言えない。もともと高回転型の心臓を持っている人もいるため。」

 心拍の絶対値よりも、心拍の回復率がパフォーマンスに直結し重要とはよく言われること。結局そういうことか。


 ちょうどよい参考資料発見。うーむ。参考文献集にはなるか。
 参考2
 名古屋大学スポーツ心理学文献コンテンツサービスhttp://www.htc.nagoya-u.ac.jp/~yamamoto/cssp/




追記メモ:
時間のある時きちんと検討

心拍とはつまり、適当に数式化すると

 酸素供給mg=(心拍数rpm×心臓拍出量L/rpm)×酸素運搬性能mg/L
 酸素消費=残存乳酸消費必要量+EM・TCA回路酸素必要量
 エネルギー産生量=酸素供給⇔代謝酵素活性⇔エネルギー源運搬速度(酸素、糖、タンパク質、脂質) *最も少ない・遅いものが律速とななる
 心臓拍出量=係数×血管の太さ×血圧(心筋押出強さ)×心臓容積
 酸素運搬性能∝赤血球量、血管の拡大(赤血球を通しやすくする)、血液粘度の低下(赤血球を通しやすくする、肺容積の拡大
 回復心拍数増大∝酸素の十分な供給
 心拍数∝係数/脳が感知した体内酸素濃度

 こんなところか?
 とすると、次のようになる。

 *毛細血管の発達は、酸素の供給というよりもより遅いエネルギー源運搬速度を高める?
 *同一運動強度における心拍数の低下は、血管が太くなる、血圧が高くなる、心臓容積が増大する、事による。
 *最高心拍数の増大は、心筋押出強さ増大による。
 *最低心拍数の低下は、心臓容積増大、血管が太くなる(酸素等を必要とする部位に効率良くそれを運搬することが可能となる)、事による。
 *エネルギー産生量を増やすには、心拍数を上げる、心臓拍出量を上げる(血管を太くする、心筋押出強さを強くる、心臓容積を増やす)、赤血球を増やす、肺容積を増やす、血液粘度を低下させる、代謝酵素増大、以上が実現されれば良い。この中でも、血管を太くすること、代謝酵素増大は重要=体を酸欠状態に擦ることにより双方向上する=トレーニングする&EM回路とTCA回路双方同時に鍛えた方が効率が良い=AT値以下至近E3のトレーニングが最もエネルギー産生量を増やすのに効率が良い。

2010/04/23

La Fléche Wallonne, BEL, HIS 2010 twitter


official
CW
CN

J-sports
「アムステルゴールドレースのゴール地カウベルクが最大斜度12%、ツール・デ・フランドルの難関コッペンベルクは最大斜度22%。しかし肝心のユイの「壁」の最大斜度はなんと……26%!その場に両足で立っているのも難しいほどの急な坂道を、しかも選手たちは自転車で3度もよじ登らねばならないのだ。そして3度目を上りきったところで、ようやく栄光のゴールが待ち受ける。史上数々のアタック合戦を見届けてきた1.3kmの上りで、今年はどんな物語が生まれるのか。
恐るべきユイの壁に挑むのは、生まれ故郷ルクセンブルクからそれほど遠くないアルデンヌクラシックが大好きなシュレク兄弟を筆頭に、ウィギンス、ヘーシンク、キルシェン、クルイジガー、クネゴといったそうそうたるグランツール強者たち。またグランツール全制覇を誇るコンタドールも参戦を予定している。地元ワロンの星、フィリップ・ジルベールの奮闘にも大いに注目したい。」


----------録画視聴----------
「Huyの壁」でコンタをかわしてエヴァンス!!!!!!!!!
・「アルカンシエルの呪い」はエヴァンスには効かなかった。
・エヴァンスのインコ声には呪い除けの効果あり?
・アルカンシエルの勝利は久し振りに見たTT以外で
----------------------------

・@cyclingfans Videos: Fleche Wallonne: Final km, crash videos and interview wi: http://www.cyclingfans.com/node/759


@Jakob_fuglsang
「Hmm...to early in the bus today...had a really off-day. So I'm pretty disappointed with my performance today. Have to do better on Sunday!」
@CadelOfficial
「The Mur de Huy is.....still steep! Hoping KK Kroon gets better soon-had a scary bingle today :o(」
「RT @ChiaraPasserini Cadel's diary from Fleche Wallone! http://www.cadelevans.com.au/cadelsdiary.aspx
@ChiaraPasserini エヴァンス奥さん
「BECAUSE HE'S MY BOOOYYY!!!!!」
「Poor kids..i didn't treat that well in the last 5 mins of lesson!!!」
「Gosh. I'm not good in handling strong emotions. Just got home and I feel as if I've ridden the Mur de Huy myself! any tip that can help?」
「Thanks to everyone 'twittering' me from Japan & all around the World!It's very exciting to see my tweets translated into those nice signs;o)」
@andy_schleck
「Congats to Cadel!@schleckfrank get caught 5 km ber4 the finish:(we meet on Sunday LBL we ready」
@albertocontador
「Ha sido un buen dia,he conseguido hacer podium en la Flecha Valona,ha faltado poco pero estoy contento.Muchas gracias equipo,buen trabajo.」
「Ahora entrenaremos x los ultimos60km de la Flecha,ha cambiado el recorrido.Aqui un video del viaje santiago-lieja http://tinyurl.com/y696xer

veloに恋して

2010/04/18

Amstel Gold Race, NED, UPT 2010 twitter


official
CW textlive
CN

J-sports
「厳しい石畳シリーズを終え、緑豊かな丘陵地帯へと戦いの場を移す。その第一弾は、これまで「比較的若い」クラシックと呼ばれてきたアムステルゴールドレース。それでも今年で45回目を迎え、徐々にその歴史に重みを加えつつある。マーストリヒトを基点にオランダ南部を3周回。絶え間なく登場する31ものミニ峠と、「1000のカーブ」とよばれる狭く曲がりくねった道が、選手たちの脚を苦しめる。」
CN
「オランダと聞いて思い描くのは、チューリップが咲き、風車が穏やかに回る平原だ。確かに国土の大半は標高0メートル、もしくはそれ以下。国名Nederland(英語でNetherlands)が「低地の国」を意味するほど、国土の大部分は起伏に乏しい。しかしそんなオランダ最大のロードレースであるアムステル・ゴールドレースは、上りが勝負の鍵を握る起伏溢れるレース。フレーシュ・ワロンヌ、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュと続くアルデンヌ3連戦がここから始まる。」「ベルギーとドイツに隣接したリンブルグ州を駆け巡る大小3つの周回コースが設定される。登場する短い上りの数は31カ所。259kmのコースはアップダウンの連続だ。」
「最後はアムステル名物のカウベルグを駆け上がってゴール。この上りは大小3つの周回コースの起点に設定されているため、選手たちは計3回通過することになる。上りの長さは1450mで勾配は12%。この上りで激しいスプリント勝負が繰り広げられるのが通例で、例年沿道にはみっちり観客が詰めかける。」


個人注目選手
ランプレ:クネゴ
ラボバンク:ボーム@lars_boom
サクソ:アンディ@andy_schleck フランク@schleckfrank フルグサング フォイクト
BMC:エバンス@CadelOfficial
サーヴェロ:サストレ@Carlos_Sastre(噴火影響により未出走)
ケースデパーニュ:バルベルデ(噴火影響により未出走) LLサンチェス(噴火影響により未出走)
カチューシャ:ポッツアート
スカイ:ウイギンス(噴火影響により未出走)


 いやいや、レースは他にも多々開催されているが、追いきれんのできっぱり諦め。J-sport放送分のみきっかりと見よう。というわけで、アムステルゴールドレース。
 シュレック兄弟に期待!!!
 フランク30歳誕生日&女の子Leea(レイア)誕生初レース。記念になって欲しいもの。
 いや?。もしかして赤ん坊と一緒にいたくて出場しなかったりして。
 アンディが狙っているようなので、2006優勝者フランクはアシストか。
CN「Uncle Andy's ready for the Ardennes」

 カンチェは出場キャンセル。順当だろう。
 フランドルでアップダウンのレースが好きになった。
 このレースも期待!!

 アイスランド火山噴火によりEU圏の空路はほぼ使えなくなっているようだが、レースに影響ないだろうか?。スペインから1200km車移動はキツそうだな。マッサも。
カピバラさん情報。
欧州自転車レース追っかけ日記情報
CN「Volcano blows big hole in final start list for Amstel Gold」
ヨーロッパの上空を飛行中の航空機を、リアルタイムで把握 http://www.flightradar24.com/ #




@Jakob_fuglsang
「Happy Birthday @schleckfrank hope that you'll have a superb day. But first a long hard scooter training & then celebrating w/ @andy_schleck」
@andy_schleck
「Happy Birthday @schleckfrank good health 4 you coming season ,health to you and you little family coming up」
「Last hard ride 170 km with@Jakob_fuglsang@schleckfrank http://tweetphoto.com/18513215
「What Bday4@schleckfrank&Martine, so far the best day of there life!without a doubt no exception!@ 60:10an the little pricess Leea was born!」
「,new rules in our rooms!Papa Frank and Unkel Andy not! ich don't think so we keep it the old fashion;)」
「Here's the profil of today s Amstel Gold Race http://tweetphoto.com/18926335
「Just finish breakfast be4 AGR rice eggs and cereals nice sunny here but still chilly out there, there were places in the ardennes wit -1c」
@schleckfrank
「Thanks to all of you for those nice wishes from Leea,Martine n myself you guys rock!」
「Getting all ready to leave for amstelGold, but first go n C my 2girls」
「Rock n Roll. AGR 2today I m very Xide.let's have fun」
@LeviLeipheimer
「@schleckfrank Congratulations Frank & Happy Birthday」
@toyota_n
「アムステルゴールドレースの主催者は「不可抗力だし、まだあと1日あるから皆ガンバ!」とライダーの皆さんが自力でオランダまで辿り着くのを期待している模様>http://bit.ly/cYlabV
「アイスランド火山噴火に伴い欧州各地は空の便が完全にストップしてしまい、日曜開催のアムステルゴールドレースに出場を予定している選手の移動に影響が出ている模様。特にスペインの地で困り果てているのがイワノフ。ああ…スペインは遠いね…。」
@iamspecialized
「Schleck brothers want Amstel win for Fränk's new daughter - Read more: http://bit.ly/dyuWZ1
@yottan(中野マッサ)
「ベルギーに移動中。これからミラノ渋滞にはまりまくる予定です。 http://movapic.com/pic/201004161501444bc7fd485bcc1
「ブラッセル空港閉鎖。チームは対応に大忙しですが、僕にはこのままベルギーに行くように指示がでました。これからスイス入ります。」
「ミラノでスプリッツを注文。結局、選手ピックアップのためイタリアに戻ってきました〜噴火されたらもう、しょうがないわ http://movapic.com/pic/201004161909234bc8375334c1f
「未だ待機中。因みに他チームの選手も同乗します。 http://movapic.com/pic/201004162325004bc8733cd4765
「全員集合。さ、出発しますかー http://movapic.com/pic/201004170017044bc87f70ab24a
「無事に、ベルギーに着いています。灰が飛んでいるとは思えないほどに空は晴れ渡ってます。 http://movapic.com/pic/201004172254314bc9bd977a0c2


--------LIVE------------
・初めから終わりまでアップダウン。RVVよりもアップダウンが多いコース。好み。楽しそう。走りたい、うがーーーー。
・またく同じというわけではでないルートを3周する。
・スキルとラボバンクがオランダ登録。地元がんばれ!
・駐車車両多し。

 おうシュレック兄弟久しぶりな気がする、

 残り100km地点から
 逃げ7人3分、集団サクソコントロール。ほんとサクソ強いな。
 あれ?兄ちゃんどこだ?巻き戻して確認。ヘルメット右紐が青、ヘルメット左黒。

 おお、ボームが引いておる
 残りKMは表示されなくて分からない
 おっと、もうカルベルグ2回目か
 地味だ。ベルギーの熱狂が懐かしい

 76km
 ボーム,オランダの観客への顔見せ終了らしい

 63km
 アンディとポッツアート集団後方で会話中・
 この距離で飛び出してくのはカンチェダケデワネ。

 逃げ4分13秒。そろそろ追わないといけないのだが、集団ペース上がらないな。ていうか、引くチームが無い。サクソはどこ行った>??
 アタックかかってもついてかない。なんだこりゃ???
 全体的に移動疲れ?。なるほど。
 他には、噴火混乱により全チームの指揮系統が乱れているのかもな。

(寝落ち)
 
 復活
 57km
 ゆったりと集団3つに。先頭数人、追走数人、メイン集団。差は先頭から追走3分、先頭からメイン集団5分
 コーナーとアップダウン=「ジェットコースター」。なるほど
 集団。あの密集隊形のままコーナーをこなしてゆく。すごいな。

 51km
 サクソ集団戦闘へ。ペースアップ?
 集団3分30秒。1分半縮まった。ゴールで逃げを捕まえるのに調度良いペースか。でもそうするとアンディーは登りゴールのスプリント狙い?それともゴール前の難所でアタック?難所あったっけ?
 アンディフランクエヴァンス一塊。
 
 46km
 集団が追走吸収。先頭との差2分半。
 集団先頭サクソラボランプレ。ってことは、クネゴ対アンディか

 41km
 1分。
 10kmで2分半詰まった。速いな。今度は捕まえるの速すぎないか?それとも捕まえやすい1分差で維持するのか?

 36km
 あらら、30秒まで詰めちゃったよ。アタック合戦に入るのか??
 となると、どこが勝つのか判らんな

 31km
 吸収
 アタック始まらない。坂まで待ちか

 28km
 登り。先頭にフランクがいるがアンディがいない。
 アンディもしや…フランクに譲るために仮病使ってるんじゃ…やりかねん…でもアシストもせずに下がるのはチトおかしいが…
 コーナー苦手なフランクが勝てるのか?って2006勝ってたか
 
 25km
 アンディ前に。やれやれ
 アタック掛からないな。どうなるんだろう??
 アルカンシエルのエヴァンスが先頭引き

 21km
 坂で1人アタック。単独なので直ぐ潰れるだろう。
 ロードでレースするってことは、そのロードを(駐車車両含め)そのまま受け入れるってこと。なるほど。
 フレッシュ・ワロンヌのフレッシュは、フレシャと同じで「矢」という意味。なるほど。
 
 19km
 坂でアンディアタック!!!!!
 追走あまり現れず、といっても数人ついて6人の逃げとなる
 アンシフランクジルベールクネゴ!!!だいたい理想通り。エヴァンスがいないことを除き
 集団は終了か

 17km
 先頭順調にローテ。イケそうだ。
 アンディとフランクの連携はすごいな。

 15km
 アンディ離気味。すかさずペースを上げるライバル勢。
 先頭4人に文れtう。クネゴフランクコロブレフ。追走エヴァンスアンディ

 14km
 先頭吸収
 クネゴ足を使ってしまったか?
 ディフェんディングチャンプ、イヴァノフアタック。
 
 ジルヴェール、イヴァノフ、ちょい離れエヴァンス

 11km
 登りでイヴァノフアタック!!!!!!!!
 後ろに集団見えてはいるが届くか???10秒
 いまひとつ離れない。
 残り登り1つ、ゴール地点カウベルグ。
 
 9km
 イヴァノフ吸収。ジルベールアタック!!
 コロブネフ、って、元サクソ現カチューシャのコロブレフか
 フランク腕の青は、赤ん坊と関係あるのかな?

 7km
 先頭集団。ロシアチャンプイヴァノフ、ジルベール、フランク、コロブネフ、クネゴ?。カチューシャ2名。
 コロブネフアタック!!だが、カウベルグで捕まてしまうか?。追走無し。10秒。
 捕まってしまう感が満載なのは何故だ


 4km
 追走からリクイガスアタック。
 逃げと集団が再集合しつつある。やはり登り勝負か?
 コロブネフ頑張れ逃げ切れ!!!!!!!!!!

 1kmカウベルグ
 登りスプリントになってしまった!!!!!!!!!!1

 ジルベール!!!!!!!!!!ロットがやっと勝った!!
 フランク、コロブネフ残念


 文字にすると頭が整理されていいわ。

ーーーーーーーーーーーーーー
 
1 Philippe Gilbert (Bel) Omega Pharma-Lotto 6:22:54
2 Ryder Hesjedal (Can) Garmin - Transitions 0:00:02
3 Enrico Gasparotto (Ita) Astana
4 Bert De Waele (Bel) Landbouwkrediet 0:00:05
5 Roman Kreuziger (Cze) Liquigas-Doimo
6 Damiano Cunego (Ita) Lampre-Farnese Vini●
7 Frank Schleck (Lux) Team Saxo Bank● 0:00:07
8 Marco Marcato (Ita) Vacansoleil Pro Cycling Team 0:00:09
9 Karsten Kroon (Ned) BMC Racing Team 0:00:11
10 Chris Horner (USA) Team Radioshack
11 Paul Martens (Ger) Rabobank
12 Sergie Ivanov (Rus) Team Katusha
13 Cadel Evans (Aus) BMC Racing Team●
14 Oscar Freire Gomez (Spa) Rabobank 0:00:17
15 Eduard Vorganov (Rus) Team Katusha
16 Sylvain Chavanel (Fra) Quick Step 0:00:19
17 Haimar Zubeldia Aguirre (Spa) Euskaltel - Euskadi 0:00:21
18 Andy Schleck (Lux) Team Saxo Bank● 0:00:25
19 Carlos Barredo Llamazales (Spa) Quick Step 0:00:37
20 Jurgen Vandenbroeck (Bel) Omega Pharma-Lotto 0:00:46
21 Vincenzo Nibali (Ita) Liquigas-Doimo 0:00:56
22 Alexandr Kolobnev (Rus) Team Katusha
 
 
 
 
 
 
フランクは「今年、アンディはさらに強くなっています」と、話しています。

 
 
 

フロントホイール


土ー日曜の結果
 走行距離 49-80km
 走行時間 120-184min
 平均心拍数 -回/min
 消費カロリー -kcal
 食後体重 67.0kg
 体脂肪 *%
 ウエスト *cm


土曜:

 風強し。調子悪い。それでも少し走らねば。明治用水取水口まで。
 夏ウェア重ね着、アームウォーマー装着。
 404CLフロントホイールは異音が再度気になるようになったので点検のため外し。破損しているZONDAに交換。

 ZONDAが感覚的に軽い(実重量はフロントのみZONDA+100g=404CL)。あー、30km/h以下のストップアンドゴーでは軽いホイールの方が感触いいな。Mt.富士はフロントZONDA,リア404CLで出ようかな。

 疲労帰宅。

回復心拍数
 アップ20分+巡航後 
 (150-120)/10=3.0



日曜:
 
 風強し。調子良し。久し振りに小渡まで。

 心拍は高いが苦しくない。気持ちよく巡航。
 心拍170のまま50km、腹筋背筋で踏み踏み込み、登り(5%以下)でも30km/h下回らない。

 気持ちよーく矢作川沿いのTT区間通過・・・

 「ブチン」


 ZONDAのスポークが切れました。

 …リムが曲がって振れていたのを、無理やりスポーク締めこんで治していたからな…締めすぎてたか。
 スポークが1本無くなり振れたホイール。なんとか乗れそう。ブレーキシューの幅広げて無理やり乗る。
 折れたスポークはハブ側がハズレなかったため、ヘルメットに貼っておいたテープを剥がし、別のスポークに貼りつけておいた。

 こんなに好調なのに途中帰宅。やれやれ。


 帰宅後
 ZONDAはスポーク交換依頼。また1ヶ月はかかり、Mt.富士には間に合いそうもない。
 手持ちの、「問題が無い」フロントホイールが無くなった。
 
 なんとなくwiggle、つい「Dura Ace 7850 Carbon Laminate Clincher Fr Wheel」買ってしまった。
 ダメな人だ。
 アイスランド噴火によるEU圏空路閉鎖の影響で、こちらも多分Mt.富士までに届かないだろうな…

 ああ、クソオモイ404CLフロントで、山を昇ることになるのか…。ZONDAフロントの軽さを思い出してしまった今では、キッツイなぁ。

回復心拍数
 アップ20分+巡航後 
 (150-110)/10=4.0

2010/04/10

Paris - Roubaix, FRA, HIS  2010 twitter


official textlive
CW textlive
「近代オリンピックと同じ1896年に第1回大会が開催され、今年で開催108回目を迎えるパリ〜ルーベ。「クラシックの女王」と呼ばれ、格式高きクラシックレースとして独特の地位を誇っている。
またの名を「北の地獄」。そう、他のレースでは決して見ることが出来ない荒れたパヴェ(石畳)が連続して登場する異質のレース。選手たちはバイクを抑え込みながら荒れたパヴェを突き進むのだ。」
CN
J-sports
「2010年のパヴェゾーンは昨季と同じ27カ所・全長52.9km。そして実は全行程259kmのうち、本当の苦しみが始まるのは、石畳突入の98km地点を過ぎてから。つまりその後は3分の1が恐ろしきパヴェ地獄!ちなみに昨季ファンがゴミを散らかし畑を荒らして帰ったことに怒った地方自治体がパリ~ルーべ通過禁止宣言をだし、一時は大会最大の勝負地カルフール・ド・ラルブルを迂回せざるを得ない危険性もあった。ただし大会開催委員会の尽力もあり、この伝説的なパヴェゾーンが今年も勝負を大きく左右することになる。そして栄光のゴールはルーべ競技場。一等賞のご褒美は、自らがうんざりするほど苦しめられた石畳の、そんなひとつを模ったトロフィーだ。。」

個人的な注目選手
クイックステップ:ボーネン
リクイガス:サガン
ラボバンク:ボーム@lars_boom
ガーミン:タイラー・ファーラー、ハンター@RobbieHunter
ラジオ:別府
サクソバンク:カンチェラーラブレシェル@Mattibreschelラーション@GustavVeronica 、オグレディ
カチューシャ:ポッツアート
スカイ:フレチャ


 RVVでお腹いっぱい。
 カンチェはモニュメント全戦制覇を目指すようだが、ルーベは1度すでに勝っている。今回のルーベではアシストに徹し、誰かに勝利を譲るのではないか?。何でも欲しがるタイプではないし、チームメイトに恩返しするタイプだろうと思う。
 ブレシェル、ラーション、オグレディ。いずれか注目。
 ボーネンは意地でも実力を証明したいだろう。優勝候補最有力。

 あとは・・・ルーベは2007と2009しか知らず、雨のルーベを見たこと無いので見てみたい。
 新型スペシャライズド・ルーベSL3にも注目。

 27のパヴェの内、重要なものは
 164km(残り95km) アーレンベルグ
 211km(残り48km) モンサン・ぺヴェル
 242km(残り17km) カルフール・ド・ラルブル

 重要地点は
 残り95km アランベールの森
 盛り上がりを見せるのが
 残り15km カルフール・ド・ラルブル

 さて、下調べはこれぐらいにして楽しみに待とう!
 古い映像だがお気に入りなので再度掲載
 
石畳洗浄中(twitter情報)
・「パリ~ルーベ友の会」によりパヴェは修復保存されている。
・パヴェ用の自転車はヘッドチューブを寝かせるのが良い
・1968パヴェ革命により、当時22kmしか残っていなかったパヴェは大幅にその数を増やした。これによりこのレースは消滅を免れた。
・「北の地獄」とは、世界大戦でこの地方一帯が完全に荒廃したことから名付けられた。
・イノーはパリ~ルーベが好きではない。(勝利しているが)「勝ったからってオレがこのレースを好きになったなんていわせないでくれよ。危険だしオートバイは多すぎるしホコリっぽすぎる!」
・勝利の秘訣は、「忍耐」
・アーレンベルグは走行不可能なほど荒れ果てていたので、2005近隣の高校生らによって補修された。過去の選手は綺麗になりすぎたとぼやく人も。




@Fumybeppu
「リール空港に到着。 チームメイトのルカトルを待つ。 明日は、ルーべのスペシャルバイクでコースを試走するんじゃないのかな。 一番の難関セクションパヴェのアーレンベルグの森の中は何としても無事に抜け出したい。」
@badencooke
「Tested out our new bikes during Roubaix reconnaissance with the team today. Everyone is moving across the stones well.」
@GustavVeronica
「He he, @TDWsport got a nice pic from my little trainingaccident yday! A car had a oilsump failiure in a nice corner! oops!/G」
「However I´m ok! was a little unconfie for the next pavé section thou/G」
specialized_j
@YuRuKoMi
【P-R】コース試走中のラーションさんを見舞った惨劇 http://twitpic.com/1e57fl 撮影したTDW巨匠によると、どこも骨折してないとのことであります。よかった…ていうかこれで無事というのがすごいです。 via @TDWsport」
 無事でなにより…
@specialized_j
「ロードレースウォッチャー必見! SAXO, ASTANAライダーの最新情報はコチラ http://bit.ly/aWpYU1
 有り難し。
@saxobank
「Photos from team @saxobank training on the pavés of Paris-Roubaix http://www.saxobanktakingthelead.com/?p=2857
@lars_boom
「Vandaag gaan we parijs-roubaix een stuk verkennen. Ben benieuwd hoe de kasseien erbij liggen.」
@kaarvesen
「Paris-Roubaix Pre-Ride Video: http://michaelbarry.ca/2010/04/165/ via @addthis」
 よきかな


-------LIVE-------
 残念ながら晴れ。12℃微風。つまらん。

 残り130kmから
 19人逃げ4分。まだレースは進行していない。

 三星パヴェは砂で埋まって、走りやすそうだ・・・
 集団は長ーい列。3グループほどに割れている。
 へー、平地メインだからフロントインナー48だったりするのか。
 うーん、今回は悲壮感少ないな。

 116km
 おう、ラーション集団先頭だ!嬉しい
 バイクカメラ。体乗り出して地面ギリギリから撮影しているが、大丈夫なのか?
 先頭はサクソバンクが横に並ぶ。
 ブレシェル、カンチェ、ボーネンが固まっている。この3人のナショナルチャンピオンジャージは目立っていいわ。
 カンチェはフランドルに続き、セミディープ40mm?装着。
 …クイックステップの他の選手はどこいった?温存か?落車対策はしないのか?
 落車あり。

 コロンビアは前のみディープだった?
 シクロチャンプのブームもいたようだ。

 99km
 ガーミンがまたこけた。あんたらメンショフか
 追走集団10人程度に。アーレンベルグ前にちぎって行く。
 フレチャと黒ポッツアート、フースホフトともいるようだ。追走集団が豪華に。
 先頭まで1分半。

 95kmアーレンベルグ。
 ここだここだ!!!
 コンチェ先頭引く。ボーネン先頭引く。ボーネン士気十分か!
 …ドラマ無く無事通過

 u-nn,フランドルと比べて盛り上がらんな。

 今日の#jspocyclesqは良い質問をする。

 76km
 カンチェバイク交換。飛び乗る。
 ホイールが割れた???
 他選手パラパラとアタック
 75km
 カンチェ集団復帰。落ち着いている。
 
 風が重要になりそう。なるほど。
 
 69km
 カンチェ集団先頭復帰を確認。
 カーブの多い石畳。ドラマありそうだ。
 2007優勝者オグレディ遅れ。えー。
 
 デボルデルは3回のパンクにメゲズ先頭!いいぞ!
 まだ勝負がかかっていない。

 63km
 とおもったら、横風区間でカンチェボーネンフレチャアタック開始!!
 先頭吸収。11人の逃げに。
 戦闘艦チェ。アシストなし。いやいやカンチェ狙うのか。
 カンチェのノーモーションアタックは恐ろしいな。

 60km
 ボーネンアタック!カンチェおっかけ!
 ボーネンヤル気やな
 うーん、不安だな。共食しそうだ。

 石畳ボーネン再アタック¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥
 カンチェフース保父とpッツアート追っかけ!!

 ハモンドアタック!!活性化しすぎやん!!
 ハモンド吸収。ボーネン先頭!!誇り高き

 57km
 ちょいと落ち着く
 カンチェノ肩を叩くボーネン。意味分からん。
 集団に…なったと思ったら、アタックした選手にボーネンがついてく何考えてんだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 落ち着く。無名選手のアタック。やっと集団が静まった。

 何考えてるのか判らんのはボーネンもカンチェモ同じだな。脳内麻薬出過ぎなんじゃ・・・
 
うーん、そこまで優勝したいことをアピールするか。

 52km
 またボーネン!!集団分断するわけでも単独アタクでもない、ほんと何考えてんだ????それほど逃げのタナボタ優勝を防ぎたいのか???ってそれほど大きく逃げてるわけでもないし距離もまだあるのに??
 ボーネンがカンチェの不調を見抜いたのかも、なるほど。

 48kmモンサン・ぺヴェル
 とおもったら
 肝チェアタック¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥11!!!ボーネン見逃す!!!
 ボーネン追いつけないどっかで見た風景だがでもはやすぎだろ。50kmTT?????まさか

 
 このまま勝ったら妖怪だぜな


 46km
 21秒
 ハンガーノック大丈夫だろうか?石畳で滑ったりしないか?不安。
 後ろはフランドルと違い集団だ。といっても石畳があるから集団は効率的に機能しない。逃げ切れるか???
 ボーネンが集団を指揮出来るか?
 
 44km
 28秒
 ああ、集団回っていないようだ…ボーネン…ここで終わりはやだよ

 43km
 33秒

 1分差がつくとチームカーが後ろにつくそうすれば決まったも同然。なるほど。
 
 41km
 35秒
 なぜ集団機能しない?捕まえられると思ってるのか??

 40km
 38秒
 フレチャが足引っ張ってるって??

 39km
 50秒!!!
 …ボーネンはメルクスのバイクが似合うなーと現実逃避

 37km
 1分1秒
 ほんとねぇ。2009世界選手権ロードでは先に飛び出し負けたのにねzぇ。今は同じことしてかてるって???ーーーーーーーーー
 
 35km
 1分21秒…
 チームカーついた!!!!!!!!!!完璧!!!!!!!!!!!!

 32km
 危ない!パヴェでボトル踏みそうだった!!ってぐらいしか事件がない
 1分35秒
 あとパヴェ6つ。

 えーっと、別府はどこ????

 29km
 1分45秒
 ボーネンの気持ちを思うと…
 インデュラインはこんな選手だったのかな…

 25km
 2分25秒
 フランドルで最大時速80km/h、最大1450W。

 22km
 2分17秒
 17kmのカルフール・ド・ラルブル…

 19km
 2分32秒
 そういえば、カンチェ、アップ用のローラー台焦がして壊したことあったっけか。あれ、事故じゃなく出力出しすぎだったのか????
 ボーネン…モチベーション維持出来るのか? 自分だったら無理だ…
 道に穴あいてますがカンチェジャンプし無事通過

 17kmカルフール・ド・ラルブル
 2分49秒
 1対多数でも勝負にならんのか、平地の漢茶の力には

 14km
 3分12秒
 追走集団は塊。



 7km
 2分47秒
 これ・・・いつものWWCのlast km youtube videoだけ見ても、意味解らないだろうな
 
 5km
 フランドルと同じように補給食を捨て始める
 カンチェは速筋割合が高い上で、遅筋化がうまく行っているんだろうな。

 2km
 チームカーとハイタッチ!
 ビニールが足に絡まるも問題ない
 お守り見せ笑顔

 1kmヴェロドーム
 凱旋!!!!!!!!!!!!!!!!
 6時間35分
 力強いガッツポーズ!頭を抱える
 ぐったりしながら到着

 ボーネンは最後に力強い4位争いであった。

 カンチェ。奥さんと娘を長く抱いて感動。今週は家に帰らなかったそうだから、感動も一塩であろう。



 ・・・・ほ、ほんとに50km逃げてしまった・・・・・・マークされながら・・・・唖然・・・・
 人間とはこれほどの力の差があるものか・・・

 無名選手が逃げきるのとはワケが違う
 カンチェニは調子の上下がないのか????
 カンチェ憧れの選手、インデュラインはこんな選手だったのだろうか。
 カンチェのホイールはZipp303TU。割れてはいなかったようだ。石畳で割れなかったってことはカーボンホイールも結構丈夫なんやな。Lightweightは見なかったので、スポークまでカーボンだと持たないのかもな。…もしくはカンチェが宇宙人だからか? 
 
 


 ・イメージするパリ~ルーベらしくない大会であった。
 ・ボーネンに協力せず引かなかった連中は好かん。熱くないよ
 ・カンチェはそろそろ固有のガッツポーズを持っても良いのでは
 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 フレチャはなぜ追走で引かなかったのか?疑問だったが…

 フレチャは2004から2005まで、ファッサボルトロでカンチェのチームメイトだったそうだ。
 そうすると見方が変わってくる。
 1:フレチャは、カンチェ独走後、早々と入賞狙いに切り替え、最大のライバルとなるボーネンを引きずり下ろすため、カンチェ追走に協力せずボーネンに引かせ、ボーネンの疲労を待った。
 2:フレチャは親友であるカンチェ勝利を確実にするため、追走に協力しなかった。
 1と思っていたが、2と考えると、http://www.cyclowired.jp/?q=node/29437 も http://www.cyclowired.jp/?q=node/29419 も理解できる。上位入賞狙いとしたら、2,3位スプリントを早々に諦め、さらに拍手しているのはおかしいのだ。拍手は2位に入ったハスホフトにではなく、1位になったカンチェに送っていたに違いない。フレチャはカンチェのアシストを(こっそり)していたのだ。
 妄想かな?。でもあり得るわな。


 当時のファッサボルトロの事を調べてみよう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 2004~2005ファッサボルトロ
 ・ペタッキ!、カンチェラーラ!、フレチャ!、ポッツアート(2003-2004)、サッキ、ブルセギン、オンガラート、トッサート、キルシェン!(ルクセンブルグ)、サンチェス、キッキ!、ニバリ、ラーション(!!)、中野マッサ!
 ・錚々たるメンバーだな
 ・ファッサは2006解散。ソニーエリクソンに名称変更(後日詐欺であったと判明。登録期限切れ完全解散)。多くはミルラムに移籍。
 ・山岳登れないペタッキを宥めながら登るアシストたちの元祖
 ・チームの結束は強そう
 ・ペタッキはボーネンと一緒のレースをあまり走っていない。苦手?ファッサボルトロとボーネンに遺恨あり?

 調べていたら、カピバラさんが同じことしていたのでリンク。

 重要そうなので、英語のwikiと、顛末をリンク。
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 面白し。
 こうやって人間関係がつながって結果が左右されてゆくところが、個人競技でもあり団体競技でもある、自転車ロードレースの魅力的なところだな、と再認識!

(追記:競輪もそうやね。でも、競輪は純粋な人間関係以上に先輩後輩等上下関係がきっかりしていて、見ていて堅苦しくつまらんのだよなぁ。人間的に魅力のある人が有利になるべき。)



@Fumybeppu
「2010Paris-Roubaixが終った。トラブルは沢山あったけど、本当に楽しかった~!このレースはやっぱりすごいよ!」
「fumy.jp: Paris-Roubaix FRA http://bit.ly/brtID7
@johanbruyneel
「He basically says: he's happy cancellara won & not boonen so he keeps his record. & HE would've beaten cance coz he was faster on the track.」
@kaarvesen
「We are happy for Antons third place! Fabian to strong and Thor to fast :) Dinner with team now!」
@saxobank
「Cancellara from team @saxobank wins Paris-Roubaix. Photos can been seen at: http://www.saxobanktakingthelead.com/?p=2875
@cyspo
「パリ・ルーベ表彰台、またエンジェルを見せたカンチェ。別府は惜しくもタイムオーバー http://www.cyclesports.jp/depot/detail.php?id=766 RT @oizumicoffee @ma2ka @bio520」
「パリ・ルーベ。カンチェッラーラ、アタックの瞬間について語る。ベロドロームに帰還した別府の写真も追加しました http://www.cyclesports.jp/depot/detail.php?id=766 #jspocycle」
@capybara120GB
「 【カピ専News】 前の記事でファッサの選手一覧を調べてたら2005年ツールの第6ステージが見たくなってしまい、YouTubeでビデオを探してしまいました。・地元出身でコースを知り尽くしているマンジャン@FDJが 残り24kmと... http://bit.ly/bcxoZB
@YuRuKoMi
「【P-R】2月に不慮の事故で亡くなったバレリーニ監督はP-Rで2回優勝。今回レースにはトップゴールしたイタリア人選手に与える特別賞「フランコ・バッレリーニ・パヴェ」が設定され、スタート前には1分の黙祷が捧げられたそうです。◆CW http://is.gd/bqgU5
「→続き 【P-R】「フランコ・バッレリーニ・パヴェ」は7位のポッツァートが受賞、小さなパヴェトロフィーが贈られました。彼の黒ジャージは、監督への弔意を表していたのかもしれません…◆亡くなったバレリーニ監督の写真を掲げるポッツァート@CT http://is.gd/bqgBo
「【P-R】サーベロのニュースレター掲載のハモンドのレース後コメント『カンチェラーラは違う惑星にいってしまったので別格の彼をはずせば我々は1位と3位だ』多くの日本のファンも同じように感じてると思います。 ◆tannenbaumさんとこ http://is.gd/bqavD」
「【P-R】日本時刻23時半ごろのプレスルームの様子。まだレース中ですが終わった感が漂っております。プレスの皆さんお仕事しましょう http://twitpic.com/1evavr ◆via @BMCProTeam」
「【P-R】カンチェラーラのレース後インタビュー。ラスト50km手前で「アタックではなく一度だけ加速した」のは作戦ではなくその場でした決断だったのだそうです『本当に、本当に辛いタイムトライアルだった』◆naranjaさんとこ http://is.gd/bqbh9
@kristoframon
「Tom Boonen (of @QuickStepTeam) 'floating' over the cobbles in #ParisRoubaix http://tinyurl.com/yyc82xn #procycling #photography」
@toyota_n
「【パリ〜ルーベ】ボーネンコメント「僕は何度かグループの人数を減らそうとした。他のトップチームは前のグループに2・3人いて僕は一人だったので、それは僕自身がやらなければいけない事だった」(続く)>http://bit.ly/dwIYJQ
「ボーネン「その後で6人ぐらいで彼を追い、協力出来ればすぐに追いつける差だった。でもフレチャが引き始めると少しずつ遅れた。僕は調子が良かったから凄くイライラしたよ。結局十分に補給を取れなかったから最終段階では力尽きてしまった」(続く)」
「ボーネン「何回か動かして大体25人ぐらいになった所で一旦落ち着いた。ちょうどファビアンがアタックした時、僕の前にコロンビアの選手達がいてすぐに出られなかったんだ。でも次の石畳に入るまで差はまだ50mぐらいだった」(続く)」
「ボーネン「強いカンチェラーラにたぶん対抗出来る選手は、唯一僕だけだったんだろう。僕には可能性があっただけに言い訳は出来ない」>http://bit.ly/dizicP
「かつて同じようにパリ〜ルーベで独走勝利を挙げたエディ・メルクスは今回のカンチェラーラについて「かつての私と同じだ」と賞賛。ただしさりげなく対戦相手に不足があったのを指摘するのを忘れていませんw>http://bit.ly/9NIEMX
「ベルギー人はナーバスになっているように見えた」(続く)」
「メルクス「我々の時代は同時に多くのトッププレイヤーが存在した。パリ〜ルーベで優勝を争えるベルギー人が1ダースはいたよ。今回はどうかって?うーん、そう多くはない。本当に勝利を争うことが出来た唯一の「メルクス「それが結論だ。でもそれは今回のカンチェラーラのパフォーマンスには関係がない。彼の成し得た勝利は本当に素晴らしいものだよ」
「【パリ〜ルーベ】ルフェーブル監督のコメント「ボーネンは2回攻撃をした後、補給を取るためと、今誰が残っているのか確認するために集団の後ろに下がった。それをカンチェラーラは上手く利用した。不幸な事にトムは孤立してしまっていた。」(続く)>http://bit.ly/9zaSkb
「ルフェーブル監督「デヴォルデルは2回落車し、パンクに遭った。ウェイラントは落車して後方に取り残されてしまった。他の選手達もそれぞれパンクに遭い、ワイナンツはずっと逃げ続けていた。可能な場合はいつでも出る選手を替えられる。そして来年はもっと上手くやるために戻ってきますよ」
「パリ〜ルーベの落車で膝を強打、血が溜まり酷く腫れてしまったデヴォルデルはドクターストップが出てBrabantse Pijlの出場は中止。この状態で何度も先頭集団に戻ろうとしたデヴォルデルにみんな謝れ!>http://bit.ly/aCUc2d


CWサガン情報
レース前にカンチェバイクに書いてあった数字
:「xii.iv.vii」は「ルカの福音書12章4-7」?。なら意味は、「体を殺しても,その後はもう何もできない者たちを恐れてはいけない」?

春の義理 異音の正体







土曜の結果
 走行距離 120km
 走行時間 310min
 平均心拍数 155回/min
 消費カロリー -kcal
 食後体重 67.0kg
 体脂肪 *%
 ウエスト *cm

土曜:

 花見。散る桜を観察&フランドルのカンチェラーラに刺激され、村積山の22%勾配を登りに行く。
 カンチェに刺激され激坂登っているのは、自分だけじゃあるまい…

 夏ウェア重ね着、レッグウォーマー、アームウォーマー装着。

 10km程度で左膝裏違和感。またか。サドル高さじゃなかったのか…。やる気無くすなー。
 とても暖かいので、途中でレッグウォーマーを外す。
 膝痛み消えた。
 …原因はレッグウォーマーでしたか…


 邪魔なものがなくなり快調!久しぶりに気持ちよく飛ばす!
 薄着っていいなぁ。脱げば脱ぐほど調子良し。冬遅くなっている原因は、空気抵抗だけじゃなかったと理解。血行や衣服の引きつれその他が結構効くんだな・・・

 村積山。
 22%勾配。34-27ぎり、回転数あげるという意識が持てない。カンチェラーラの異常さを改めて思う。体幹で踏み込んでるのであろうってことだけはわかった。
 (参考:フランドルでのカンチェの走行データは、「スペアバイク区間含まず Max1450W RT @Cyclefilm Cancellara SRM data from #Flanders: Avg.Speed:40km/h - Avg.Cad:73 - Avg.HR:143 - Avg.Power:285W」とのことtwitterより)
 道に敷き詰められた桜絨毯を眺めほっこり、展望景色を見てまったり、アブに追われダッシュ!
 写真撮影。
 調子良いので引き続き三河湖へ。

 三河湖。
 山根屋方面への登り。
 根池、・・石横を通り過ぎ、山頂上へ。
 これが見たかった!!!という、三河湖を一望する場所発見!!。残念ながら曇で今ひとつ美しくなかった。度々来よう。
 誰もいない静けさの中、突然、「バサっ」という音。驚いて回りを確認すると、鷲?鳶?が頭上を旋回。ほうあれが鷲の羽音か、なるほど。
 一旦下った後、420号足助方面登りへ。

 420号下り。
 登りきったら10kmの下り。気持ちよく飛ばす。

 香嵐渓。
 足助祭りやっているが興味なし。
 蕎麦食す。おお、久しぶりにうまいぞ。

 帰宅。
 35~40km/h程度で巡航している人がいたので車間開け付いて行く。これぐらいのスピードだとなかなか抜けん。

 豊田安城自転車道の桜を見ながら、まったりと帰宅。
 いや、久し振りに登ってばっかりの日だった。

 異音。
 しばらく前から、ダンシングするとギシギシ音が鳴る。
 先月の落車により、フレームかホイールのカーボン割れたか?と心配となるも目視では異常ない。
 先週BB締め直すも効果なし。
 今回、自転車道ベンチでしっかりと原因調査してみる。
 自転車をひっくり返し、フロントホイールをひねるとギシギシいう。BBじゃなかったか。
 ホイールか…見えない部分が割れたかな…。と、不安に。
 ふと思い、ハブとフォークの間を掃除してみる。…異音消えた。
 …砂でも挟まっていたか?。
 全く・・・カーボンは音が響いて、どこから異音が聞こえていたか解らなかったよ。


 

回復心拍数
 アップ20分+巡航後 
 (150-116)/10=4.0
 420号下り前
 (170-140)/10=3.0 :アップやダウン時以外はその時の心拍からの回復心拍数を記録した方が良いかもな
 (150-133)/10=1.7

2010/04/04

Ronde van Vlaanderen 2010 twitter


official
CW
CN

J-sports
「北のクラシックの開幕を告げるレースが「ツール・デ・フランドル」。クラシックの王様と呼ばれるこのレースは、ワンデーレースの頂点に立つ存在と言っても過言ではない。屈強な、いわゆるクラシックレーサー全てが勝利を夢見る偉大なレースだが、全長約265kmの行程のなかに現れる20個弱の激坂(このうち約半分が石畳)や、平坦の石畳区間が、力なき者を完膚なきまでに痛めつけ、実際に優勝できる可能性を持つ選手はスタートの段階で既に10名ほどしかいない。但し、過去に一度だけ(1992年)、大逃げが決まってジャッキー・デュランが勝利を収めるという珍しい展開があった。」

個人的注目選手
クイックステップ:ボーネン
リクイガス:ベンナーティ
ラボバンク:ボーム@lars_boom
ガーミン:タイラー・ファーラー、ハンター@RobbieHunter
ラジオ:ランス@lancearmstrong
サクソバンク:カンチェラーラ、ブレシェル、ラーション@GustavVeronica、オグレディ
カチューシャ:ポッツアート(欠場)
スカイ:フレチャ

 E3 Prijs Vlaanderen - Harelbeke (1.HC)で見た面子が。
 目標とする選手の多いレース。
 ランスは真面目に走るか?カンチェラーラ、ボーネン、フレチャはその勇姿を再び見せてくれるか??
 きたぞきたぞ!!!


@lancearmstrong
「Taking off for Belgium. Clear and sunny here. Windy and rainy up North. I have my rain jacket ready!」
「Getting ready to ride some of the RVV course. Got The Whigs on. How is it they are not a massive band?」
「Once watched Tour of Flanders on TV w/ Eddy Merckx. Eddy says : "Lance, I don't like that race - I only won it twice". #greatestever」
「Up and at 'em early for the Tour of Flanders today. Peeking out the window I see wet streets and rain. Epic..」
「http://twitpic.com/1d44yd - Final prep for the RVV.」
 ボスはほんとネット好きねぇ
@capybara120GB
「RVVの天気予報、どんどん悪くなってる。午後の気温が7℃に下がってる上に風速が50km/h(13.9m/sec) http://is.gd/bb9zW」
@YuRuKoMi
「【RVV】明日の天気▼Koppenberg http://is.gd/bb9zW ▼ゴール http://bit.ly/c8YZEE 寒くて雨がちなエキサイティングな天候になる模様。楽しみ!◆レース公式 http://www.rvv.be/」
「【RVV】レース前、たくさんのチームが試走をしていたRVVコースでは、スカイがRシャックを捕捉なんてニアミスもあったそうです。シャックの赤い車は遠くからでも目立ちますな~◆via triplesmc http://twitpic.com/1cf3if」
「【RVV】レース前日は雨。サクソの皆さんは屋内でローラー台使って練習したそうです。なんとなく緊張感が漂ってるのは単なる気のせいでしょうか…◆via atelier_avel http://twitpic.com/1czmf1」
@GustavVeronica
「Good Morning! Big breakie today, will be a loong and hard day. Im hoping that my legs is still on the up since last week! we will see!/G」
@lars_boom
「Having a blood control at the moment! At the same time we want to go and eat.」
@YukihiroDoi
「今日はツールドフランドル〜!198人出走。 #Jspocycle」

lemurmureducoq


 ---------LIVE---------
 予習CNtextlive
 131kmから250kmまで15の坂。
 現地11:00頃 出走(日本時間は+7h)
 現地11:49 5人逃げ中
Situation:
Michele Merlo (Footon-Servetto), Nicolas Rousseau (AG2R), Joost van Leijen (Vacansoleil), Floris Goesinnen (Skil-Shimano) and Vicente Garcia Acosta (Caisse d'Epargne).
Peloton at 10.00
 現地12:04 8人逃げ
12:22 CEST
Weather update: Dry but some dark clouds are closing in. We can expect some strong winds later in the day too.
@osamukurimura
「フランドルぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅう!!!!!!!!!!!!!!お台場到着!!!!!!!!!テンション上がりすぎてヤバイぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!!!!イキそう…」
 !!!
 ・熱い人が解説で有り難いぞ!!!!てかドMすぎ!

 日本時間19:45 J-sportsLIVEへ移行
 勿体無いので画面に集中!
 
 むう、「漢」のレースと来たか!漢とMは同じか!!
 ベルギービールVEDETT飲みながら観戦。
 司会が熱いぞ!!(それに比べてWRCの司会は…)

 「このレースは集団より逃げの方が楽」うむ。
 落車落車!!パンクパンクパンク!!
 「骨折は走りながら確かめる」うむ
 
 カベンディッシュいたの?(眼中なし)
 
 ふ。まったりとした巡航区間の無いレースだ!

 残り103km
 ブームもランスもフレチャもカンチェも残ってるぞ
 ピナレロとスペシャとメルクスが目だっておる。
 フランデル旗美しい。

 「サクソバンク。前で蓋作戦」か。そんなレースもあるのか。
 登りでゆっくり、止まって走って。これは…。凄い。
 「前にいないと勝負できない」なるほど。

 下り全速。
 レースでインターバルだ!。これわキツイで。

 広い道では強い横風。凄い。
 集団破壊!

 おt、ボーネン発見

 82km
 鋸のようなアップダウン開始!!
 さっきまで4車線あった道幅が、景でもギリギリなほど狭くなる。怖。

 75km
 優勝候補先頭。
 この距離で優勝候補が先頭にくるなんて、他のレースではあり得ない!!

 72km
 コッペンベルグ
 平均11%石畳。うわお。
 止まる選手他数う!!!

 なななななんあてことdか

 こっからは疲労との勝負か

 優勝候補全員集団まで下がる。補給

 カンチェ温存気味。

 60km
 先頭吸収

 57km
 カンチェトラブル!?戻った?
 自転車交換?って,カメラが映したと思ったらもう走ってる。いつ乗ったの?集団復帰ほっ
 ブレッシェル!?今度は????
 自転車交換今度は遅い!集団復帰できず?k

 展開ころころ変わる。

 49km
 ボーム遅れ気味
 ランす先頭???想定外だ!まったりじゃなかったのか?
 「みればみるほどわけがわからなくなってきました!」
 スカイ逃げ
 逃げ4人

 44km
 モーレンベルグ
 先頭吸収
 カンチェとボーネンが上がる!!!2人逃げ!!!離れたあっという間に16秒!
 ああ、ナショナルチャンピオン2人。こんな豪華なこことがあろうか・・・E2もそうだったが
 ランス消えた

 37km
 クイックステップ集団抑え始める。2人の勝負に?25秒28秒
 ミラー追走開始単独。22秒25秒

 32km
 32秒。もう集団に目はない。
 ボーネンほぼ引かず。狙ってるな
 
 29km
 TTチャンプのカンチェと、地元ベルギーのスプリンターボーネン逃げ。53秒
 緊張する…



 16km
 カペルミュール最大19.8%
 
 !!!!登りでカンチェ!!!シッティングのまま!!ノーモーション!!!!
 ダンシングのボーネンが追いつけない
 このまま沢つければカンチェ、また一緒になればボーネンが優勝しそうだ!!!

 ありえない!!秒単位で300m近く差をつけた!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 18秒差!!!

 TTモードに入った!!もう誰も追いつけるわけがない!!!
 23秒
 27秒
 
 12km
 ボスベルグ
 38秒
 42秒
 46秒
 52秒
 56秒
 たった1kmで


 最後の平坦
 10km
 59秒
 チームカーも後ろについた。もう万全か

 58秒
 もう足緩めているか?
 勝って兜の

 7km
 57秒
 60秒



 4km
 63秒
 ボーネンから集団112秒。速いよ?ボーネン。速すぎるよ?カンチェ

 2km
 67秒、118秒
 ボーネンこの状態で足緩めない。凄い人だ。
 
 1km
 カンチェ笑顔!!!
 お守りをカメラに見せチームカート握手!
 国旗を持ってゴール!!!!

 
 


 ああ・・・素晴らしいレースだった・・・・・・・・・・・ 
 万人がそういうだろう・・・・

 …カンチェは冗談じゃなく人間じゃないのかも…





@schleckfrank
「Fuggin big show from Fab.Cancelara.team has been awsome congrats to the boys.Congrats to Fab's family!」
@andy_schleck
「Fabian you can go back to your village,keep your head high,enjoy!!!! STUNNING PERFORMANCE!!!BIG CONGRATULATION」
@lancearmstrong
「Well, that is one hard f-ing race lemme tell ya. Felt better than expected and managed to stay up front. Very happy w/ the way it went.」
 ほんにこの人は
@badencooke
「was a pleasure to be a part of fabian winning de ronde. that man is an animal.」
 やっぱり
@albertocontador
「Congratulation Fabian!!Grandisima exhibicion en Flandes,lo que han tenido que sufrir tus pobres pedales.....」
 コンタさんはマメに勝利おめでとうツイートしますな
@GustavVeronica
「Epic day yday! Fabian was in his element! The whole team was actually superb! Now we are really looking forward towards Robaix!/G」

@YuRuKoMi
「【RVV】勝負所で力の差を見せつけたカンチェラーラ堂々の優勝!明日からLBLとロンバルディアに向けたトレーニングを開始するかな?と語ってます。『つまり、モニュメント全戦制覇に挑戦すべきだ』…この人ならやりかねません◆CW http://is.gd/beOas」
「【RVV】カンチェがゴール前で見せた天使のマスコットは、妻と娘から贈られたお守りだそうです『ポケットには食べ物とか、いろいろ入れなければならないから、持ってられないと言ったんだけど、小さいから入れておけって』食べ物>小さなお守り…◆サイスポ http://is.gd/beOSk」
「【RVV】リース監督とブレシェルのレース後インタビュー。語られる激闘の裏側がすごいです。『怒りは、ファビアンとシャンパンを飲みながら晴らしたい』 と語ったブレシェルの表情にホッとする乾杯シーン⇒ http://is.gd/bhT3G ◆CW http://is.gd/bhSCQ」

@osamukurimura
「ロードレースに於ける評価基準: 昨日、日本では春を告げる伝統のレース「チャレンジロードレース」が、そして、海の向... http://bit.ly/9niVwq」
 RRを憂える人。ほんとにさっきと中の人同じか?


 いやいや、お腹いっぱい
カピバラ編集長1

CWがめんださん
veloに
lemurmureducoq
CW
youtube

flicker smashred's photostream

花見からフランドルへ






日ー土曜の結果
 走行距離 32-64km
 走行時間 80-180min
 平均心拍数 140-141回/min
 消費カロリー -141kcal
 食後体重 67.0kg
 体脂肪 *%
 ウエスト *cm

土曜:

 花見。膝痛し。水源往復
 まったり

回復心拍数
 アップ20分+巡航後 
 (150-116)/10=3.4
 ダウン後(心拍125までダウン後一時的に150まで上げた)
 (150-115)/10=3.5


日曜:

 花見。膝痛し。奥殿陣屋、奥山田枝垂桜(散ってる)回りの桜並木、村積山回り。
 まったり。


 多少膝が痛い。何故こんな短距離低強度で?
 サドル確認。
 え? 2mm程高くなっている?

 あ、そういえば、先月の落車後、サドル角度直したときに、多少高くしちまったっけ。
 元通りに直す。
 自分にとってはもうぎりぎりの高さだったんかな? これで膝痛み無くなるか?


 ついでにハンドル左右位置確認。
 左に2mmズレていた。
 ハンドルのペイントで中央を出した自分がアホだったよ。きちんと測定スべきであった。
 修正。やっと左右の違和感がなくなった。



回復心拍数
 アップ20分+巡航後 
 (150-112)/10=3.8
 ダウン後(心拍125までダウン後一時的に150まで上げた)
 (150-115)/10=3.5


食い過ぎ。太った。


さて、すべて忘れてフランドルの準備だ!!

Boom De Ah Dah♪ 
http://en.wikipedia.org/wiki/I_Love_the_World 
http://dsc.discovery.com/tv/world-is-just-awesome/