2011/07/31

心拍数と苦しさ(ってどこかで同じこと書いたような)

平日:
 木曜のみ.8kmラン.


土曜:
 蒲郡の海までLSD
 曇り

 往路
 心拍数140程度維持.
 強い追い風

 バニーホップの練習しながら移動.
 飛んでから腸腰筋で自転車を引き寄せる,っと.
 高さ30cmぐらいなら上手く飛び越せるかな.60cmぐらい跳べるようにしておきたい.
 って,ロードで何やってるんだあたしゃ.
 
 海
 日光浴&ソロモンの指輪使用
 
 復路
 激しい向かい風.
 心拍150以下に落とすことが難しい.

 回復心拍数150
 アップ後 2.8 なして???
 ダウン前 2.2 



日曜:
 回復走
 曇り
 7時半出発.

 心拍数が上がらない.
 心拍を150に上げるのが苦しい….
 何故か?早朝出発したわけではないのだが.
 心拍120~150.大体130ぐらい.

 復路
 心拍150で巡航36km/h程度.うむう・・・

 回復心拍数150
 アップ後 4.8
 ダウン前 4.8 


 うーん,再現性があるな.
 
 心拍数は落ちた.しかし,苦しいと感じる心拍数も低くなっている.心拍150における呼吸量が増え,スピードが上がっている感じ.
 同出力における心拍数の低下?
 TTの感覚からすると,心拍数が落ちたぶん,AT心拍数も落ちている感覚.
 心拍数の絶対値が10程度低くなっただけで,何も向上していない.

 うーん,健康診断で心電図異常であった.ま,他健康だし,多分心臓肥大による影響だろう.
 心臓肥大→同血液吐き出し量(==酸素消費量)における心拍数の低下→心拍数の絶対値が低くなる(何も向上なし)
 血液吐き出し量は抵抗律速で一定?→心臓肥大&心拍低下=心臓通常&心拍通常 
 苦しさは血液吐き出し量と相関?

 やはり,見た目の心拍数低下は何もパフォーマンスに影響しないような気がする.

 大体の自分の意見ができたし,そろそろ文献でも探してみるか???
 ああ,頭ごちゃごちゃで考えがおかしいいつものことだが