2011/10/29

心肺>筋力等 紅葉1割 Giro d'italia automobilistico おかしな服

平日:
 1日おきに7kmラン.
 キロ5分変わらず.ビルドアップ走.フォームに注意.


土曜:
 寒い,快晴.
 そろそろ山は凍るかな?? ヒルクライムへ.
 アームウォーマーとレッグウォーマー着用.

 30秒スプリントシッティング

 心拍150で30㎞/hやっと.

 301号ヒルクライム
 まともな登りは久しぶり.5月以来だから,5ヶ月ぶり?.よくもまあ平地ばかり走ってきたものだ.
 ランと香嵐渓SSDを続けてきた.ヒルクライム能力はどう変化するか?
 …
 21.5分,遅い
 心拍を165以上に上げられない.
 重めのギアは踏めている.苦しくはないが回せない不思議な感覚.
 しょうがないのでダンシングで心拍を175程度まで上げる.特に苦しくはない.
 …えー,あれ? どこまでもダンシング出来るのう…今までは200m程度で心拍限界となったのに.
 ダンシングしてもあまり心拍が上がらない.シッティングでは登りでも心拍が落ちてゆく.

 完全に,心拍能力>筋力等

 約1年のSSDと1日おきのラン等により,心肺は向上しているようだ.
 多分今までで一番心肺能力が高いのではないかな.回復心拍数には現れていないが.
 しかし回せない.
 心肺から理由をつけると,心臓がでかくなり安静時心拍数が低くなった.押し出し血液量はこれまでとほぼ一定であるので運動時心拍数は低くなる.心筋押出力は向上しておらず,最大心拍数を高くすることは難しい.そんな感じ?

 足の筋肉はたりているが,背筋と骨盤内の筋肉,つまり体幹,が,足りないちと痛い.
 ランでは足の筋力がひと通り鍛えられる.バイクでは足の前側と体幹が鍛えられる.どちらかで完全にカバーできるようにはならないようだ.
 筋肉から理由をつけると,回せない理由は,体幹がヒルクライムで重要だったってことか?

 他に理由を考える.
 乳酸耐性が低い,または速筋が弱くグリコーゲン貯蔵量が少なく,すぐ筋肉が疲労してしまうのかもしれない.

 ヒルクライム能力が低すぎると楽しくはしれない.
 総合的に今後必要なメニューを考えると,やはりインターバルか.
 また,多分ランでも,コースに登りがあれば体幹維持できるのではないかと感じている.コース変えてみるかね?
 ランのビルドアップ走で維持できると思っていたのだが.筋肉使用部位が違うからか?.


 狐塚
 食事+露天風呂.
 Share photos on twitter with Twitpic
 標高400m程度で,紅葉はまだ1割といったところか.
 来週ぐらいが見どころかな.
 

 復路
 筋肉に負荷をかける.
 ギア2つほど重めで移動.登りは全てアウター,止めに5011片足ペダリング.40km.
 脚が回り始め心拍150で35㎞/hほど.

 運動公園前
 自転車を駐車し,整備されたランニングコースで1kmランスプリント.SPDシューズフォアフット.
 ちょっと息切れしやすいか?
 ふむ,去年並みには走れるようになってきたかな?

 帰宅
 整備不良でリアブレーキ引きずっていたよ…

 回復心拍数150
 アップ後 4.8
 301号後 2.8
 ダウン前 3.8(ギア重くしても乳酸が発生しない程度の負荷だったのか分解されたのか)


 他
 Giro d'italia automobilistico http://www.giroditaliaauto.com/2011/
 ジロ・デ・イタリア(オート).昔は自動車もバイクもジロ・デ・イタリアがありました.今年はイタリア統一150周年記念として復活.旧WRカーが参戦できる最も長いイベント.
 2011/10/26~30
 wiki




日曜:
 回復走
 曇
 白アームウォーマー,黒ウェア,黒レッグウォーマー,サクソビブショーツ
 20-25㎞/hのんびり.
 ロードに乗る人ホント増えたなぁ
 サドルが下がっている感覚だったので確かめてみたら,1-2mm下がっていた.4mmほど上げておく.
 と,トイレはどこだ~.我慢していたら急に寒くなってきた.
 
 帰り本屋へ
 バックもないのに,「Racing onニキ・ラウダ特集」と「Motor Fanカーボンの実力」「トップギアDVD」買ってしまった.

 さてと…どう持ち帰るか??
 背中,ウエアの中に入れてみる.
 意外としっかりと固定できた.

 つらつら帰宅.
 

追記
 云われてから気付いたが,いつの間にかレーパンで本屋に入って何も違和感を感じ無い.そんな状態に.
 はたから見たらやはり変な人だよなぁ.慣れって怖いですな.
 「ごもっとも> 「普通」の人々にとって、われわれは皆おかしな宇宙人として映っている。http://www.cyclingtime.com/modules/ctnews/view.php?p=19015