2011/10/29

心肺>筋力等 紅葉1割 Giro d'italia automobilistico おかしな服

平日:
 1日おきに7kmラン.
 キロ5分変わらず.ビルドアップ走.フォームに注意.


土曜:
 寒い,快晴.
 そろそろ山は凍るかな?? ヒルクライムへ.
 アームウォーマーとレッグウォーマー着用.

 30秒スプリントシッティング

 心拍150で30㎞/hやっと.

 301号ヒルクライム
 まともな登りは久しぶり.5月以来だから,5ヶ月ぶり?.よくもまあ平地ばかり走ってきたものだ.
 ランと香嵐渓SSDを続けてきた.ヒルクライム能力はどう変化するか?
 …
 21.5分,遅い
 心拍を165以上に上げられない.
 重めのギアは踏めている.苦しくはないが回せない不思議な感覚.
 しょうがないのでダンシングで心拍を175程度まで上げる.特に苦しくはない.
 …えー,あれ? どこまでもダンシング出来るのう…今までは200m程度で心拍限界となったのに.
 ダンシングしてもあまり心拍が上がらない.シッティングでは登りでも心拍が落ちてゆく.

 完全に,心拍能力>筋力等

 約1年のSSDと1日おきのラン等により,心肺は向上しているようだ.
 多分今までで一番心肺能力が高いのではないかな.回復心拍数には現れていないが.
 しかし回せない.
 心肺から理由をつけると,心臓がでかくなり安静時心拍数が低くなった.押し出し血液量はこれまでとほぼ一定であるので運動時心拍数は低くなる.心筋押出力は向上しておらず,最大心拍数を高くすることは難しい.そんな感じ?

 足の筋肉はたりているが,背筋と骨盤内の筋肉,つまり体幹,が,足りないちと痛い.
 ランでは足の筋力がひと通り鍛えられる.バイクでは足の前側と体幹が鍛えられる.どちらかで完全にカバーできるようにはならないようだ.
 筋肉から理由をつけると,回せない理由は,体幹がヒルクライムで重要だったってことか?

 他に理由を考える.
 乳酸耐性が低い,または速筋が弱くグリコーゲン貯蔵量が少なく,すぐ筋肉が疲労してしまうのかもしれない.

 ヒルクライム能力が低すぎると楽しくはしれない.
 総合的に今後必要なメニューを考えると,やはりインターバルか.
 また,多分ランでも,コースに登りがあれば体幹維持できるのではないかと感じている.コース変えてみるかね?
 ランのビルドアップ走で維持できると思っていたのだが.筋肉使用部位が違うからか?.


 狐塚
 食事+露天風呂.
 Share photos on twitter with Twitpic
 標高400m程度で,紅葉はまだ1割といったところか.
 来週ぐらいが見どころかな.
 

 復路
 筋肉に負荷をかける.
 ギア2つほど重めで移動.登りは全てアウター,止めに5011片足ペダリング.40km.
 脚が回り始め心拍150で35㎞/hほど.

 運動公園前
 自転車を駐車し,整備されたランニングコースで1kmランスプリント.SPDシューズフォアフット.
 ちょっと息切れしやすいか?
 ふむ,去年並みには走れるようになってきたかな?

 帰宅
 整備不良でリアブレーキ引きずっていたよ…

 回復心拍数150
 アップ後 4.8
 301号後 2.8
 ダウン前 3.8(ギア重くしても乳酸が発生しない程度の負荷だったのか分解されたのか)


 他
 Giro d'italia automobilistico http://www.giroditaliaauto.com/2011/
 ジロ・デ・イタリア(オート).昔は自動車もバイクもジロ・デ・イタリアがありました.今年はイタリア統一150周年記念として復活.旧WRカーが参戦できる最も長いイベント.
 2011/10/26~30
 wiki




日曜:
 回復走
 曇
 白アームウォーマー,黒ウェア,黒レッグウォーマー,サクソビブショーツ
 20-25㎞/hのんびり.
 ロードに乗る人ホント増えたなぁ
 サドルが下がっている感覚だったので確かめてみたら,1-2mm下がっていた.4mmほど上げておく.
 と,トイレはどこだ~.我慢していたら急に寒くなってきた.
 
 帰り本屋へ
 バックもないのに,「Racing onニキ・ラウダ特集」と「Motor Fanカーボンの実力」「トップギアDVD」買ってしまった.

 さてと…どう持ち帰るか??
 背中,ウエアの中に入れてみる.
 意外としっかりと固定できた.

 つらつら帰宅.
 

追記
 云われてから気付いたが,いつの間にかレーパンで本屋に入って何も違和感を感じ無い.そんな状態に.
 はたから見たらやはり変な人だよなぁ.慣れって怖いですな.
 「ごもっとも> 「普通」の人々にとって、われわれは皆おかしな宇宙人として映っている。http://www.cyclingtime.com/modules/ctnews/view.php?p=19015

2011/10/22

新城ラリー2011 ラン距離伸ばしはじめたり  秋霖あれやこれや

平日:
 ランの距離を伸ばし始める

 火曜 
 とりあえずLSDペースで距離走れるかどうか確かめる.
 フォームだけ意識して走る.腕振りと足を長く,腰を高く,拇指球外側で地面をつかみ,フォアフット.
 5km 25分
 7km 35分
 9km 50分(途中コンビニで飲み食い有り)
 全く問題なし.7km過ぎから逆に足が軽くなったぐらいだ.
 大体キロ5分程度.かなり楽.
 いつもより速いぐらいってのは,多少ペースアップするよりフォームを改善させたほうが効果があるってことだろう.
 まだまだ下手くそ.
 水曜にも特に疲労など残らず.

 木曜
 インターバル気味にラン.
 7km 35分
 キロ5分.
 なんでやねん.フォーム崩れたのか調子かへこたれか.


土曜:
 雨.
 雨間見てラン.LSDペース+30秒スプリント
 途中大雨.
 ちと脛と足の付根が痛い.ペースを上げると痛みが出やすいようだ.
 木曜フォーム崩し過ぎたか?.平日ラン後の補給などケアが不足しているか?
 
 歯医者あとほかの予定がキャンセルとなった,14時からのほうらいSSに間に合いそうでありため,
 日曜ゆく予定であった,新城ラリーにゆくことに.
 電車移動.


 新城ラリー
 新城到着13:15頃
 曇.
 歩くと脚が痛いので送迎バス移動.

 Share photos on twitter with Twitpic
 ほうらいSSへ移動.
 泥の山道.salomonのおかげで走ることすら出来る凄いなこの靴アスファルトでは滑るけど.
 雨のラリーは楽しいかと思ったが,ペースセーブする車が多く,つまらなかった気がする.
 雨の下りでアンダー一瞬たりともだしやしない.
 ただ一台,ローター真っ赤にしながら降るスロットルで下っていったインテR?に好感を持った.

 去年と同じく飲み食いしあちこち覗く.
 ビールが旨い.去年より食材の種類が少ない??
 耐久レースなどそうだが,飲み食いあってこそ観戦はより楽しくなる.
 ほうらいステージで飲み食いできるようにならないものか.
 土曜のせいか雨予報だったせいか,会場に客は少なめ.

 Share photos on twitter with Twitpic
 ステージ後のサービス等を見学.
 なかなか興味深い.
 面白そうだ・・・祭りやねぇ.
 近くでみられるのが楽しいトコロ.
 とはいえやっているほうが面白いだろう当たり前だが.
 ジムカーナの頻度増やそうかねぇ.でも自動車の腕は時間たってもそれほど落ちないが,身体能力はすぐ落ちるので運動時間減らしたくないのだよね今でも少ないが.
'This one runs on fat & saves you money' by Peter Drew of Adelaide
 こんな問題もある

 Share photos on twitter with Twitpic
 MINIが展示されていた.
 JCWのコンパーチブルがかなり良い.
 乗り出し550万.今買う予定の中古車と同じぐらい.悩むな.
 あ,お姉ちゃんも可愛かった.

 Share photos on twitter with Twitpic
 ランサーのWRCに似た車があるな,と思いのぞく.
 ボンネット開いていたので見てみると・・・
 あれ? これって・・・2004年?のWRC仕様じゃない???
 シリアルも付いている.カーボンも本物だし,溶接もしっかりしている.
 ミッションも市販品と全く違う,吸気系も.エンジンも低いし位置が違う.ダッシュボードはロールバーが貫通した上でワンオフ.シート位置がかなり後ろ,ペダル位置も違う・・・
 まさか・・・本物のWRカーか???!!!
 自分の知識でみる限り,かなりホンモノに近い.
 現役でないとはいえ,これほど近くで見られるとは・・・本物だったら眼福.
 スペースの使い方など,かなり勉強となった.

 Share photos on twitter with Twitpic
 最後にデモラン.
 眼福.ミスファイヤリングシステムの音は,何故これほど気持ちを高ぶらせるのだろう.
 従兄弟のエボかっぱらってジムカーナ行こうかな?

 足痛いためバス移動.
 17:00最終であったようだが臨時で1本出してくれた.感謝.
 降りだした雨の中帰宅.

 (画像・動画 整理中・・・
 動画はうまく撮影できていなかった.)

 今年の新城ラリーは,U-STREAMでライブ配信しているそうな http://www.rallystream.net/

追記
「食べ物が充実しているイベントは間違いなく楽しい」
 その通りですな







追記
お気に入りより抜粋。








日曜:
 ローラー30分無負荷のみ.

当日の他の行事
 ハセツネ日本山岳耐久レース http://www.hasetsune.com/link/
 ジャパンカップ http://www.cyclowired.jp/?q=node/71150  

2011/10/17

スポーツ遺伝子テスト結果

興味があったので,スポーツ遺伝子テストhttp://www.sportsstyle.co.jp/ACTN3/を受けていた.
1ヶ月ほどで結果.

結果は,「XX1」.
ACTN3(統計?): XX 
UCP2(発現?): VV
ACE(統計?): II
ACTN3,ACEともに持久力に優れた素質.
・距離が長くなるほど,時間が長く続くほど有利になる特性.
ACTN3のXXは筋力トレーニングの効果が出やすい傾向
・省エネルギーだが太りやすい.活性酸素消去能は高い.
・ランは5km以上,水泳は400m以上に適性がある.
・遅筋が多く,VO2maxに優れる?.

すべての項目持久系.

感想
・通常の運動より持久走のほうが昔から好きだった.感覚で素質ってのはわかるものなのかもしれぬ.空手ずっとやっていたのだが,適性ではなかったのかな?.
・速筋が少ないのは運動神経ない典型やなぁ.
・ブルベ向き?ウルトラマラソン向き?でも遅くて勝利はできない感じ.ヒルクライム向きでは全然ない.
・心肺向上速度>筋力向上速度と一般に言われているが,自分は心肺向上速度<筋力向上速度と感じていた.筋力トレーニングの効果が出やすいとはその通りなのだろう.限界は低いようだが.
・私は体格は良い方.持久系と矛盾しそうだが,筋力がつきやすいとなれば理解できる.空手も筋力がつきやすいから適当だったのだろう.低レベルか!
・そもそもの体重が重くラン系の持久競技キツイな.常に減量に励まなければ.自転車はそれほど体重がクリティカルでないため,より向いているのだろう.
・5km程度しか走ってないし,400mも泳げないぞ?
・持久力は後天的にいくらでも身につけられるので,素質が持久系で有利なこと何も無いはず.なかなか速く走れないのも道理?
能力は上がりやすいが限界は低い?




今後について
テストの結果は,今後のトレーニングにおける強度配分の参考となる.
・限られた速筋を鍛えるメニューを増やしたほうが良いということが解った.
 距離減らして強度を上げる.それでやっと人並みの速さになれるか.
・持久能力は向上しやすいので,長距離練習にかける時間は少なくても良いだろう.
 自分にはLSDは回復以外ではあまり必要ないかも.
・筋力より技術でスピードを向上させることを意識すると良いだろう.
・もうちょっと頻繁に強度を上げても良いのかも.


つまり,今のメニュー,フォームと理論を意識した,インターバルやビルドアップ走,でいいってことか?
頻度は上げてみるかね?それともやはり超回復を見越し1日おきのほうが良いかな?



追記:
重要書類
協力アスリートの遺伝子タイプ一覧
 ACTN3遺伝子しか見ていないねぇ.たぶんACEで適正をみる速筋遅筋割合が限界能力に対しクリティカルだと思うから,あまり参考にならないか.



追記:
「ACTN3のテスト結果と立ち幅跳びのテスト結果を組み合わせることでより詳細な判断につなげることが可能です。立ち幅跳びは爆発的な筋力を必要とするため、速筋と遅筋の筋繊維の割合を推定することが可能です。」
 平均211.44cm
 実測240cm(+13%,n=4)
+15%以上で速筋に富む,-15%以下で遅筋に富むとされる.
ウムウ,速筋遅筋割合は標準となってしまった.
遺伝的には遅筋が多い判定だが,大幅に遅筋が多いってわけではないってことかね?
年代平均と比較して判定ってのは,速筋トレーニングしているときとしていないときで結果異なると予想され,その人の速筋遅筋割合判定には意味ないのではないのかなと思ったりもする.鍛えた速筋が多いってだけでは??
「この動作は身体の成長と並行してある程度は伸びる傾向にありますが、後天的な筋力トレーニングによって大幅に記録が伸びるということもありません。 ほぼ先天的に生まれ持った瞬発力、つまり速筋繊維が優位なのか遅筋繊維が優位なのかを知る手掛かりとなる体力テストです。」
 なるほど
 

追記:
資料から読み取るとXXタイプは,
・酸化系酵素は多い
・筋疲労回復は遅い
・耐乳酸トレーニングがおすすめ
・筋力強化が重要
・積極的休養日をもうけるべき
やはり今のメニュー,インターバルやビルドアップ走1日おき,で良いのか.
トレーニング理論と経験から決めたメニューも,案外正しいものだな.


追記:
速筋:遅筋:速筋IIa=3:7:0,速筋:遅筋:速筋IIa=5:5:0,速筋:遅筋:速筋IIa=7:3:0の3通りの人が,
持久トレーニングをして,2割の速筋を遅筋化できたとする.
 速筋:遅筋:速筋IIa=1:7:2,のとき 速筋性質3,遅筋性質9
 速筋:遅筋:速筋IIa=3:5:2,のとき 速筋性質5,遅筋性質7
 速筋:遅筋:速筋IIa=5:3:2,のとき 速筋性質7,遅筋性質5
限界持久トレーニングをして,4割の速筋を遅筋化できたとする.(ランスと同程度,オリンピックレベルのトレーニング必要)
 速筋:遅筋:速筋IIa=0:7:3,のとき 速筋性質3,遅筋性質10 計13・これ以上速くなりえない
 速筋:遅筋:速筋IIa=1:5:4,のとき 速筋性質5,遅筋性質9 計14.遅筋に富む人に遅筋性質が追いつきなおかつ速い
 速筋:遅筋:速筋IIa=3:3:4,のとき 速筋性質7,遅筋性質7 計14.まだ持久能力は低いが速い
より限界持久トレーニングをして,6割の速筋を遅筋化できたとする.
 速筋:遅筋:速筋IIa=0:7:3,のとき 速筋性質3,遅筋性質10 計13・これ以上速くなりえない
 速筋:遅筋:速筋IIa=0:5:5,のとき 速筋性質5,遅筋性質10 計15.これ以上速くなりえない
 速筋:遅筋:速筋IIa=1:3:6,のとき 速筋性質7,遅筋性質9 計16.遅筋に富む人に遅筋性質が追いつきなおかつかなり速い
つまり 
・速筋に富むものは,限界までのトレーニングが必要となるが,能力の最大値は高く,遅筋に富むものと同程度の遅筋性質を得ることが出来る.
・遅筋に富むものは,トレーニング量が少ない状態で,能力が頭打ちとなる.
と,考えられる.
実際は速筋の全てを遅筋化できるわけではないし,速筋遅筋割合は例ほど大きくないはずであるし(生来の速筋遅筋割合差は10%もないと言われる(引用元忘れた)),遅筋化効率も異なり,さらに,誰もが速筋を限界まで鍛えているわけではないが,大体において上のとおりだろう.
アマチュアレベルでは遅筋に富むものの不利はないかもしれないが,限界域では遅筋に富むものは勝てない.
これは実験的事実としてもその通り.
勝負にこだわらなければ,トレーニング量が少なくとも,気持ちよく持久運動ができるってことはメリットとも言える.


追記:
運動時間一定とした場合.
速筋:遅筋:速筋IIa=3:7:0,速筋:遅筋:速筋IIa=5:5:0,速筋:遅筋:速筋IIa=7:3:0の3通りの人が,
持久トレーニングをして,一定時間の運動をしたとする.
・遅筋系は,速筋遅筋とも成長が速い,それを生かし,速筋出力も上げる.
・速筋系は,速筋遅筋とも成長が遅い,遅筋を鍛える.
・速筋出力は最大2倍までとされている.
として適当な例
 速筋:遅筋:速筋IIa=1:7:2 速筋出力3×2.0=6.0,遅筋性質9 
 速筋:遅筋:速筋IIa=4:5:1 速筋出力5×1.3=6.5,遅筋性質6
 速筋:遅筋:速筋IIa=6.5:3:0.5 速筋出力7×1.1=7.7,遅筋性質3.5
・アマチュアレベルでは,遅筋系は充分速筋を鍛えることによって,他よりトータルで有利になりうるとすることもできる.


追記:
太りやすさ.
代謝が低く食べ過ぎるとすぐ太るが,遅筋が多く脂質代謝に優れるので少し運動すれば直ぐに脂肪は落ちる,と考えて良いか.実際そんな感じ.1月で3kg太って,2月で6kg落とすことが結構ある気がする.
この特性,寒冷地用だな.冬眠する動物みたいだ.


追記:
メモ 各遺伝子の特徴について,きちんと調べておこう.


追記:
どうもXXタイプは,タンパク質の必要量が多いようだ.
同化による筋増加が起きやすく,異化による筋分解が起きやすい.
タンパク質を脂肪と同じように,貯蔵物質としているのだろう.





ああ,思いついたまま付け加えてゆくと,くどいくどい.いつものことだが.
まいいか,所詮自分用メモだ.思いついたことはすべて書き込む.



さて,妄想は十分したし,エビデンスの高い研究があるか探しにゆくかね

2011/10/16

GT5 2.0 パソコン経由で携帯とPS3をつなげてみたり走ってみたり そんなこんな

平日:
 1日おきにラン5km.キロ5~6分
 スピードが欲しい.同じ体力でも,フォームなど改善でまだまだ速くなるはずだ.
 とりあえず去年好印象だったフォアフット開始.
 いまのところ2km程度でフォームが崩れ始める程度しか走れない.


土曜:
 大雨.
 ランも諦め久し振りにGT5.いや,泳げ.
 2.0更新で大幅に変わった.ブレーキングからのターン,コーナー前半における挙動がより自然になった気がする気のせいか?.インジケータのおかげか,タイヤの掛かりがわかるようになった気が?
 ちと思いつき,インターネット共有をもちいて,パソコン経由で携帯とPS3をつないでみた.
 携帯 Hybrid W-Zero3 WiFiSnap
 192.168.100.142
 DNSなど 192.168.100.2
 ↓
 PCwifi
 自動
 DNSなど 192.168.100.2
 インターネット共有
 ローカル
 ↓
 PCローカル有線
 192.168.0.1
 DNSなど 192.168.100.2
 ↓
 PS3
 192.168.0.255
 DNSなど 192.168.0.1

 GT Force Pro.
 ブレーキの調子が悪かったので,毎度の解体修理してみるなど.
 これ,センサーの取付方法など,設計ミスに近いよね…単純で分解修理できるのはいいけど.

 昼から小雨となったのでラン.
 6km.うちフォアフット3km.
 フォアフットの他に,速く走るにはどうすればよいか考える.
 足を長く使えピッチを保つことが出来れば,速くなるはずだ.
 前に足を出しすぎるとブレーキとなるので☓.後ろに長く.
 蹴りだしを意識,かつ,腕を大きく振り,骨盤を回して脚を擬似的に長くする.空手などと技術は同じ.
 骨盤の旋回は,自転車では全く必要なく慣れていない部分,十分意識しよう.
 復路3km意識して走る.悪くない.
 速くなっているか長期的に確かめよう.
 ほぼ常にビルドアップ走,フォームが崩れたら意味なくなるので終了.

 大腿四頭筋が熱を持つ.


日曜:
 路面が乾いてから回復走+α
 体が軽い.ペダルが軽い.ランはやはりバイクにも効果アリかな?.バイクはランになんの効果もないけど.
 脛の痛みはない.まだフォアフット続けられそうだ.
 ちと下肢の筋肉を使っている様子.ここはそれほど使うべきでないはず.走り方に問題があるのか?

 30秒スプリントシッティング
 52㎞/h
 心拍150程度で移動まったり.
 前にMTB.ブロックタイヤで34㎞/h巡航.よくやるなぁ.

 回復心拍150
 アップ後 4.0
 ダウン前 3.8

 GT5 2.0配信ベッテル鈴鹿タイムアタック.
 ゴールド賞金だけ稼いでおく.コースにとどまるだけでも泣けるX2010を使うとはいえ,えらく簡単な設定であった.
 あとはテキトーに配信イベントと,458でニュル数週.


 腕がうずくので久し振りにジムカーナをやりに出掛ける.

 本日は一日が長かった.
 ひたすら肉を食い寝る.

2011/10/04

ぶり返し

平日:
 月 筋肉痛はないが疲労気味.平日に疲労を持ち越すようではだめだ.強度か頻度かケア不足か.
 火 疲労気味 
   5kmラン キロ6分 左股関節に違和感
 水 疲労なし
 木 左股関節に違和感
   5kmファンラン キロ7.5分
   …どうも街中はアホな奴が多くて困る.集団になるとろくな事しない…気持ち悪いなぁ
   R.I.P. Steve Jobs.
   一つの時代が終わった感じだ.

   ・ジョブズとぼくらは勝ったのか?
   ・
   「君たちが持つ時間は限られている。人の人生に自分の時間を費や­すことはありません。誰かが考えた結果に従って生きる必要もない­のです。自分の内なる声が雑音に打ち消されないことです。そして­、最も重要なことは自分自身の心と直感に素直に従い、勇気を持っ­て行動することです。心や直感というのは、君たちが本当に望んで­いる姿を知っているのです。だから、それ以外のことは、全て二の­次でも構わないのです」
 自分勝手にやれ,という意味でなく,自分自身を持てということ.根本の部分で人に依存するなということ.



 金 軽い疲労感.起床時心拍44.
   心拍は病気前まで回復といっていいか.
   今週は大体5時間睡眠.感覚的には足りない眠い.
  ・抗鬱薬で軽快したとき,正常化しているか?
   前頭葉背外側(思考,実行力)は回復
   前頭葉内側面(扁桃体関連)は,臨床症状の軽快直後には,まだ正常化していない.
   =これが回復するまでは再発リスクが高いと考えられる.

  感情コントロールが出来るようになるまでは再発リスクが高いかもしれない,ってことだな.気をつけよう.


土曜:
 体は軽く頭はすっきりしているがストレスが頭に残る.仕事のことばかり気にかかる.悪化気味.
 体重70.2kg.ちとペース早過ぎか?

 気が乗らない.まったく.
 走れば気も晴れるかと思い,軽くバイク.

 30秒スプリントシッティング
 20秒ほど走ったところで,側道から出てきたスクーターと並ぶ.うーん,邪魔だからもっと速く走ってくれないかなー.全速出せず.
 
 クライムオールアウト50-15シッティング縛り一本
 ちと速いが記録更新てほどではない.

 オールアウト中でも仕事のことばかり考えている.ストレスがまったく抜けない.
 うむう,重症だ.しばらく好調だったのに,簡単にぶり返すな….やはり回復には年単位で時間が必要ということか.
 
 回復心拍数150
 アップ後 4.5
 ダウン前 3.8


日曜:
 だめだ,完全に気塞ぎだ.
 廃人のように過ごす.


月曜:
 深夜のちょっとした騒音でも目が覚める.眠れない.ちょっとだめなサインだ.
 ラン準備.
 まず床屋.
 吐き気がして走れず.

 もっと,もっと,いい加減にならなければ死んじまう.

2011/10/01

ランしばし

平日:
 1日おきにラン5km
 キロ5~6分


土曜:
 強風
 ラン

 朝食前6km,キロ5分

 昼食前6km,ファンランでキロ7分
 昼食後6km,ファンランでキロ7分,最後スプリント.10m歩けば息は完全に整う程度.

 うーん,ハーフ以上走ろうとするとキロ7分程度だな.遅い.
 フル5時間ってとこか.だめだめだ!
 まーゆっくりときたえていこうかねー(棒読み)

 年末予定しているハーフはどうなることやら.
 関節やらすねやらが痛くならないという点では,去年よりましなのかもしれない.まあ、ただ遅いからそこまでダメージが無いだけかもしれないが.
 いまは乳酸耐性が低すぎるのだろうという印象あり.

 コンプレッションソックス?装着し寝る.


日曜:
 回復走+α
 寒い.アームウォーマーとコンプレッションタイツ
 先日の疲労はないが,一部筋肉痛.

 心拍は上がりにくく下がりやすい.
 130~140.速度はそこそこ.
 ちと出力低下している感じ.超回復中?.回転メインで移動.
 無理やり心拍150程度まで上げる.

 30秒スプリント.

 走りながらどこまで心拍落ちるか観察.
 110程度まで.

 回復心拍数150
 アップ後 4.2
 ダウン前 5.0

 回復走必要だったのがそうでないのか.

 回復力は高いが,筋力I,IIaが低い,乳酸耐性が低い,そんな感じ.

 理屈からすると,
 昨年までは週1E3ばかり.筋力と乳酸耐性が高いが,心肺と回復力が低い→ 持久速度速いがダメージ大きい.
 今年は隔日E2ばかり.心肺と回復力が高いが,筋力と乳酸耐性が低い→ 持久速度が低いがダメージが小さい.

 そーゆーことか?

ラン距離めも

自宅
図書 2km 4km
運動 3km 6km  スピード タイム測定
神社 5km 10km
三連 8km 16km  120分LSD
豊田 10km 20km ハーフ練習
水源 15km 30km

喫茶 6km 12km  120分LSD
吉良 23km 46km  フル練習

刈谷 9km
三河安城 3km


会社
大高 4-5km  スピード タイム測定
南大高 7km  LSD~
大高緑地+南大高 10km
共和 9㎞ 快速に乗れる
大府 12km
金山 7km
自宅 23km  180分LSD